マミ「くそっ・・・イライラしてまた壁フィナっちまった・・・」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/01(日) 18:06:09.26 ID:uPXBJAHe0
まどほむ「............」キャッキャウフフ

杏さや 「............」イチャイチャチュッチュ

マミ 「............」

QB 「............」

マミ 「ちょっと。......ちょっと!!」

ほむら「............」

まどか「......?」

杏子 「なんだよ?」

さやか「どうしたんですか」

マミ 「皆さんに大事なお話があります」


以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/01(日) 18:07:28.51 ID:uPXBJAHe0
マミ 「話というのは、他でもない......二人組に分けた途端、私ばかりがはぶられがちになるこの風潮についてよ」

マミ 「私だけ早々に退場して、偶数になったのをいい事に......カッチリイメージが固まってしまって!」

まどか「はぶられがち、って......そんなことは」

さやか「考えすぎですよお」

杏子 「そうだよ、現に今も五人で仲良くやってるじゃんか」

マミ 「遊び方に問題があるのよっ!どれもこれも四人用のゲームばかりで......悪意があるとしか思えない!」

さやか「ビリケツはちゃんと交代のルールにしてるじゃないですか」

マミ 「それでも一人あぶれる時間があるのは確実じゃないの!人生ゲームとかモノポリーとか持ってきなさい!」

杏子 「ええー......文句言うなよなー」

まどか「あはは......」

ほむら「負けなければいいのよ」

さやか「イヤミか、こいつー」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/01(日) 18:09:14.72 ID:uPXBJAHe0
マミ 「......ほーら、また皆して私をのけ者にして!」

まどか「え、ええー?」

杏子 「さすがに敏感に反応しすぎだよ......」

さやか「そうですよ、のけ者になんてしてないですよ」

マミ 「............」

マミ 「......確かに、皆で集まってる時なんかはいいかもしれない。私の考えすぎかもしれない......
でも、ふとした拍子にこう、あなたたちが二人組で甘い雰囲気になってるのを感じたりして......」

マミ 「そういうのとってもやりきれないわ」

マミ 「非常に妬ましい!私もそんなパートナーの存在を要求します!」

続きを読む