1: ◆NVPtD76/Wg 2017/08/31(木) 22:57:46.90 ID:bIVoItty0

・「アイドルマスターシンデレラガールズ」のSSです
・メインの登場人物はプロデューサー(視点)、佐藤心、安部菜々
・地の文あり
・5thライブの内容に触れます


2: ◆NVPtD76/Wg 2017/08/31(木) 22:58:09.48 ID:bIVoItty0

「まずは・・・改めて、石川公演お疲れ様」

「おっつスウィーティー☆いやー、ホント疲れたわー☆」

俺の労いの言葉に、伸びをしながら返事をする女性。

彼女は佐藤心、俺の担当アイドルだ。

「どうだった、初めてのライブは?」

「もー最高☆まだ余韻が残ってるー☆・・・まぁ、筋肉痛も残ってるけど☆」

「へぇ、てっきり明日辺りに筋肉痛に襲われるもんかと思ってたけどな」

「おい年増扱いすんな☆ってか同い年だろが☆」

同じ年齢、そして心の性格もあって、今ではこうして軽口を言い合えるほどに打ち解けられている。

・・・初対面ではこのキャラに圧倒されて、プロデュースしていけるか不安な面もあったが・・・。



3: ◆NVPtD76/Wg 2017/08/31(木) 22:58:37.81 ID:bIVoItty0

「さて、それじゃ本題に入るとするか」

「ほいほい☆次の公演の打ち合わせね☆」

「ああ、次はSSAの1日目だ。最後の場所だけあって、このツアーで一番広い会場になる」

「もっとたくさんのファンにはぁとのスウィーティーなステージを見せられるんだ・・・☆楽しみー☆」

前より大きな会場と聞いて、緊張より期待が先に出てくるあたりは心らしい。

「あ、ところでさ☆他の子たちは最初っからSSAの内容まで聞かされてるっぽいんだけど、なんではぁとはこのタイミングなの?」

「ん?ああ、まぁ色々あるが・・・石川公演からSSAまで間が空くからレッスンの時間が十分取れそうなこと、佐藤はライブ初参加だからあまり先まで考えずに集中してほしかったこと、石川公演で一度経験した方がSSAのイメージも湧きやすいと思ったこと、かな」

「なるほど・・・ちゃんと考えてたわけだ・・・☆」

「おいおい、プロデューサーとしてこれくらいは当然だろ?」

「じゃあそんな有能なプロデューサーは、佐藤じゃなくはぁとって呼んでくれるよね☆」

「さて、SSAで歌う曲だが・・・」

「スルーかよ、おい☆」

お決まりのやりとりを挟みながら打ち合わせを進めていく。