1: ◆MNMy.fqCRg 2017/04/16(日) 22:37:26.36 ID:mHRpXZgPO

1990年、少佐率いるミレニアムによりロンドンは壊滅
そこに炎上して墜落したグラーフ・ツッペリン飛行船の中の一室に人影があった。

ウォルター「さようなら、インテグラ・・・」

少年は長い人生に幕を閉じた。
ある化物を倒すために全てをかけて追い詰めたがあっけなく敗れ去った。
だが、後悔は何も無かった。むしろ満足感で胸が一杯だった。


2: ◆MNMy.fqCRg 2017/04/17(月) 19:01:43.24 ID:RBZYfZvaO

ウォルター「・・・ここは何処だ?」

体に違和感を感じ目を開ける。
開けた先には白く長い通路に壁にたくさんのドアがはめられていた部屋だった。
その通路の中央には白人の男がいた。

ウォルター「な、なんだ! この場所は!」

満身創痍の体を何とか起こし、状況を理解しようと必死になる

ウォルター「おいっ! お前は何者だ! 僕をどうするつもりだ!」グワッ

紫「・・・次」スッ

そう白人は言うとウォルターは扉の中へと吸い込まれていく
ウォルターの必死の抵抗もなすすべもなく吸い込まれていった。


紫「・・・次」

「バカヤロウコノヤロウ!! 何だぁ此処は!?」ブロロロロ



3: ◆MNMy.fqCRg 2017/04/17(月) 19:22:03.76 ID:RBZYfZvaO

吹雪「あっさり~しじみ~はまぐりさん~!」

睦月「吹雪ちゃん元気だね」

夕立「憧れの赤城さんから褒められたぽい」

三人の少女は浜辺を歩いていく、砂浜に押された足跡が波にかき消される。
夕焼けが目に染みるほど紅く輝いていた。

吹雪「明日も訓練、頑張るぞー!」

夕立「あれ? 何か血なまぐさい匂いしないぽい?」クンクン

睦月「ん~? 潮の匂いでわからないよ?」

吹雪「わっ!? あれ人だよ!」

睦月・夕立「ふえっ!?」

吹雪が指を指した先にはウォルターが倒れていた。
意識は無く、虫の息でかなり危険な状態だった。

睦月「と、取りあえず鎮守府まで運ぶよ!」

夕立「ぽ、ぽい!」

吹雪「う、うん!」

三人はウォルターを引きずりながら進んで行った。