1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/09(土) 23:20:54.89 ID:9gpjD6wP0


ドラゲリオン「.........ふふ、久しぶり、だね?」

ドラゲリオン「感動の再会の気分はどう?」

ドラゲリオン「会いたかったよ!、だって前の時はすぐ逃げちゃうんだもん。」

ドラゲリオン「ねぇ、二人っきりだね...♡」

ドラゲリオン「抵抗しても無駄だよ。もう君に、私をどうこうする力はもう何一つ残ってない。」

ドラゲリオン「全部もう、終わったんだよ。」

ドラゲリオン「........................っ。あはは.........、本当に〇〇だぁ.........♡」

ドラゲリオン「せっかく、苦労した甲斐があったって感じだねー。.........ふふ、半年ぶりくらいかなぁ?」

ドラゲリオン「私すっごく頑張ったんだよ?確実に貴方を私のモノにする為に......ね。」

ドラゲリオン「.........ふふ...♡、あぁ.........♡、夢みたい.........!」

ドラゲリオン「今日という日を、どれだけ待ち望んだことか......」

ドラゲリオン「キミもキミだよ、どうしてあんなゴミの掃き溜めみたいな所にいたの?」

ドラゲリオン「.....................今のはちょっと言い方が悪かったね。あんなとこでも、一応アナタがいた所なんだから。」

ドラゲリオン「まぁそんな事はどうでもいいよね?どうせ今頃、火の海だとかそんなところだろうし。」

ドラゲリオン「ひょっとしたら、もう跡形も無く消し飛んでるかも。」

ドラゲリオン「どのみち、自業自得だよ?だって私達に歯向かったんだもん。」

ドラゲリオン「...............私の言ってる事わかるよね?もう貴方に、守る物も失う物も無いの。」

ドラゲリオン「君を知ってる人は、多分誰も生きて無いんじゃないかなぁ。」

ドラゲリオン「〇〇君が守ろうとした人も、未来も、もう無いの。」

ドラゲリオン「帰る場所も、行く所もないんだよ?」

ドラゲリオン「目的地も、標的も、武力も、存在価値も、」

ドラゲリオン「欲望も、失望も、利益とか、損害だとか。」

ドラゲリオン「みーんな、もう消しちゃった♡」

ドラゲリオン「でもね、そんなキミでも、一つだけ、道があるの。」

ドラゲリオン「それはーーー.....................、もちろん私!」

ドラゲリオン「だってそうだよねー?〇〇君を束縛するようなモノ、全部文字通り消えて無くなっちゃったもん♡」

ドラゲリオン「もう、私以外何も残ってないよ?」

ドラゲリオン「......ふふ、これ以上は時間の無駄だよね?...じゃあ私の目を見て。」


「私がアナタの道しるべになってあげる♡」

「私が手を引いてあげる♡」

「私が力になってあげる♡」

「私は、貴方の為ならなんでもするよ?」

「だからぁ..................」


「私のマスターに、なろ?」