同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

1: ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:45:30.54 ID:fXGkoYq2O


――――

いつだったか、仕事を片付けてコーヒーを淹れていた時の話を思い出す。

「そういえば、――はどうしてプロデューサーになろうと思ったんだ?」

コーヒーを二つのカップに注ぎながら、彼女がぽつりと聞いた。

カップを受け取りながら、ぼんやりと考える。

「うまく説明できないけど、これだ、って思えたからかな」

「迷ったとき、こっちだって思ったのがプロデューサーの仕事だったんだ」

「そうか」

それっきりだったので、コーヒーに口を付ける。

彼女はしばらくカップを見つめた後に、スティックシュガーを入れてかき混ぜ始めた。


「じゃあ、晶葉はどうしてロボットを作ろうって思ったんだ?」

彼女はしばらく答えなかった。コーヒーを半分ほど飲んだところで、

「いつか話そう」

すまない、と小さくこぼした。


3: ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:47:59.07 ID:xBEHVYvO0


――――

外回りを終えて事務所に戻る。

汗ばむような外気温と違って、事務所の中は心地良い。

「ただいま帰りました」

返事はまばらに返ってくる。

同僚や事務所のアイドル達は出回っていて、この時間帯は人が多くない。


机の上は工具と部品に占領されていた。

初めは口論にもなったものだが、今となってはいつものことだ。

「帰ったぞ、晶葉。机を返せ」

声を掛けたが、反応はない。

ロボを片手にうんうんと唸りつつ、机の上のドライバーへ手を伸ばした。

そのドライバーを、ひょいとつまみ上げる。