2: ◆kBqQfBrAQE:2018/06/09(土) 23:07:54.04 :n8atqcnq0

P「聞こえなかった? 真のおっぱい、揉ませてくれないか?」

真「いや、聞こえてますけど」

P「......」

真「......」

P「......」スッ

真「......」バッ

P「そんな間合いを取らなくても。大体、断りもなしに触るわけないだろ?」

真「それなら少しは安心しました。もし触ろうとしてたら、これまで習ってきた空手のすべてをプロデューサーにぶつける所でした」


3: ◆kBqQfBrAQE:2018/06/09(土) 23:12:03.81 :n8atqcnq0

真「そもそも、前もって断っていたとしても、ダメに決まってますけど」

P「そんな......まこぱいぱい......」

真「棒に乗ってやって来そうな人みたいに呼ばないでください。今のプロデューサー、どちらかというと亀仙人ですよね?」

真「......大体、どうして急に揉みたいだなんて言ったんですか?」

真「僕のその......お、おっぱい、を」

P「......」

真「......」カアァ


4: ◆kBqQfBrAQE:2018/06/09(土) 23:13:21.75 :n8atqcnq0

P「......いや、さっきテレビ見てたらさ、346プロの十時愛梨ちゃんと、283プロの月岡恋鐘ちゃんが出てきてさ」

真「ああ......2人とも胸が大きいですよね」

P「それでふと思ったんだよ『ああ、おっぱい揉みたい......』って」

真「思いっきり動機が単純で不純ですね」

P「えへへ」

真「えへへじゃないですよ。最近、『えへへ』って言ったら何となく許されると思ってるでしょ」

P「やだ辛辣」