同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

2: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/05/09(水) 18:30:22.08 ID:6+uFeMGE0


とある場所、とある駅前。強くなりかけている日差しを避け、俺は木陰で人を待ち続けていた。腕時計を見ると、約束の時間まであと3分程だと言うことが分かった。

「お、お待たせしました!」

それから10分ほどしてから、荒木比奈はやって来た。緑のワンピースの裾を揺らし、汗を額に滲ませながらやってきた。

「待ってねえよ」

「え、でも約束の時間はもう...」

「俺も遅刻したから」

嘘を吐いた。比奈は疑っているような表情で俺を見ながら、汗をタオルで拭っている。いつもより何割か増してボサボサな髪で、比奈が寝坊をしたことが分かった。

「で、どこに行くんだ?」

比奈に何かこれ以上問い質されるのも面倒なので、話を切り上げ別の話題を出した。すると比奈は、眉をひそめながら鞄から手帳を取り出し、付箋の貼ってあるページを開いた。それから、近くにあったバス停を指さす。

「そうっスね、あそこでバスに乗ってから...」

比奈に言われるまま、バスに乗り込む。俺が通路側、比奈が窓側に座った。肘と肘が触れ合うくらいの距離で、発進するまで落ち着かなかった。


3: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/05/09(水) 18:30:57.40 ID:6+uFeMGE0


きっかけは、3日前の比奈の言葉だった。

『今度描く漫画に資料が欲しくて...で、プロデューサーさんにもいくつか手伝って欲しいんスよ』

荒木比奈の趣味は漫画を描くこと。それが趣味であれ、比奈の力になれるのならと承諾した。

そして今、二人のオフが重なったこの三日後に俺たちは待ち合わせをすることにしたのだった。

......しかしまあ、比奈を待っている間から思っていたのだが。漫画の資料を集める、と言う名目はあるが、こう男女が二人きりで出かけると言うものはどうしても、あの言葉を意識してしまう。が、それを口には出さなかった

アイドルとプロデューサーという関係上、それを口にすると本当にそうなってしまうようで、口に出せなかったのだ。

ついでに、睡眠不足からくるあくびも出さないように口を横一文字に結んだ。