1: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:30:05.88 ID:VpeZTL9h0

注意
こちらSSは初めて投稿するため至らぬ点が多々ございますが温かい目で見てください

この話では死を扱います
グロはないですがキャラが死ぬ等が嫌いな方andキャラのしゃべり方などに違和感を思われた方はそっと閉じていただければ幸いです
ps 以前別所にて書かせていただいた短編をリメイクしただけです、以前に投稿されているロスタイムライフシリーズの作者とは何ら関係がございません


2: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:31:43.76 ID:VpeZTL9h0

「よい...しょっと...うん、完成♪」

私はろくろを回す手を止め、笑みを浮かべた

目の前には茶碗が二つ、私の分と...プロデューサーさんへの分

「後はこれを焼き上げて...釉薬を塗って完成っと。喜んでくれるかな、プロデューサーさん」

私は茶碗を手に取り、竈に歩きながらふと思い出した。



3: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:32:16.08 ID:VpeZTL9h0

「そういえば今度プロデューサーさん陶芸やってみたいっていってたから...今度誘ってみようかな」


4: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:33:23.35 ID:VpeZTL9h0

そう思いながら私は竈に陶器を入れ、焼き上げを始めた


思えば、うかつだった
もしこの時違和感に気が付けれればあんなことにはならなかっただろう


5:!random 2018/06/04(月) 22:34:10.60 ID:VpeZTL9h0

火の加減を見るために竈に近づいたとき


陶器を入れた窯が突然爆発した、



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:34:48.59 ID:VpeZTL9h0

私の頭の中に今までの思い出が思い浮かぶ

これが走馬灯なのかな?


私は目をつぶり、最期の時を待った


7: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:35:19.44 ID:VpeZTL9h0

が、破片はいつまでたっても飛んでこない

私はゆっくりと目を開けた



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:35:57.73 ID:VpeZTL9h0

次の瞬間、ホイッスルの音とともに、4人の黒子が出てきた、一人は電光掲示板を持っている。


『さて、今回も試合開始のホイッスルの音が鳴りました、今回の選手は藤原肇、窯の爆発に巻き込まれ死亡、今回の時間は...』


電光掲示板には【3;00】と書かれていて、刻一刻と減っている。



9: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:36:56.20 ID:VpeZTL9h0

「なに...これ...私...助かった...の?」


すると黒子の一人が出てきて合掌し、空に指を挙げた

ああ、やっぱり死んじゃったんだ...


あれ?でもなんで私今いるのだろう?