同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

1: ◆UEry/CPoDk:2018/05/02(水) 23:36:39.24 :2ArR2fj/0

あずさ「いつもごめんなさいね千鶴ちゃん、お兄さんにもよろしく言っておいて?」

千鶴「はいはい。もう慣れましたわ、毎度の事ですものね。」

恵美「おっはよー。ん、何かあった?」

千鶴「あら、ごきげんよう。いつもの事ですわ。」

あずさ「昨日は収録が順調でね、予定より早く終わったのよ。時間あったから前から気になってたお店に行こうとしたんだけど。」

恵美「ああ、うん。もう大体分かったよ。」

千鶴「報せを聞いて飛んでいきましたわ。おかげで平日に横浜デートを楽しむ羽目になりましたわよ。あ、お土産の月餅どうぞ。」

あずさ「ごめんなさいね〜」

恵美「どこをどう行けばそうなるんだろね?」

千鶴「本人にも分かってない事を考えるだけ無駄ですわ。」

恵美「手厳しいね〜。けどあずさってしょっちゅう迷子になる割には、それが原因で遅刻したり何かトラブルを起こしたりは無いよね。なんでだろ?」

千鶴「それについてはわたくしも考えた事がありますわ。あずさが迷子になるのには、一定の条件があるのです。」

恵美「条件?」


2: ◆UEry/CPoDk:2018/05/02(水) 23:40:12.19 :2ArR2fj/0

千鶴「つまり、この子がふらふら出歩くのは迷っても助けを呼べる人がいると分かってる時だけなのです。その証拠に自分一人での仕事の時や、年少組といる時はそんな事ないですもの。」

あずさ「言われてみれば、そういう時はなるべく気を付けるようにはしてるわね。千鶴ちゃん達が入ってくる前に色々あったせいからかもしれないけど。」

恵美「なるほど。で、プロデューサーや千鶴なんかがいる時はつい気が緩んでふらふらさ迷っちゃうってワケか。」

あずさ「そう言われると、なんだかすごく申し訳ないわね〜。」

千鶴「困ってる人を助けるのもセレブの役割ですわ、お気遣いなく。」

恵美「ニャハハ。ま、少しくらい迷惑かけたっていいじゃない。普段あずさはみんなのお姉さんなんだし。」

千鶴「ですわね。もっともわたくしからすれば同い年の妹という感じですが。」