関連記事:

幼馴染「いっしょにいようよ」【後半】



246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:57:18.18 ID:cDd23wA8o




志鶴は俺に何も言わなかったが、サキ先輩は彼女についていくつかのことを教えてくれた。

まず噂の盗難騒ぎが、実際に起こったということ。これについては教職員に確認したらしい。
次に、その騒ぎの犯人が深山志鶴という名前だということ。

これに関しては教師からは確認できなかったが、志鶴と同じクラスの生徒に教えてもらったらしい。
盗難が起こったのは火曜の昼。次の授業の体育に備えて生徒たちが教室を開けたときのことだ。

もっとも、これはそう考えれば辻褄が合うというだけで、実際にいつ盗難が起こったのかは分からない。

どちらにしても、その日の放課後に、ある生徒が財布をなくしたと言った。
もっともそれだけなら、どこかに置き忘れたとか、そういう可能性を考慮しなくてはならない。

問題はその生徒が、昼休みに財布を使った直後だったこと。
だから、家に忘れたとか、学校の外のどこかに置き忘れたということではない。
これは本人の他に、一緒に行動していたクラスメイトたちの証言もあるという。

教室中、更衣室、購買に食堂まで探しても見つからない。これが帰りのホームルームのときの話だ。
焦れた誰かが、盗まれたんじゃないか、と言った。馬鹿げた話だとみんな笑った。

そしてその日の体育の授業を、志鶴だけは体調不良を理由に保健室で休んでおり、欠席していた。
人を疑うなんてよくない、と誰かが言った。それでも疑惑は晴れず、担任は志鶴の鞄の中を調べるしかなかった。

どうもその後の話では、クラス中の生徒が持ち物検査をされたという。
校則違反のものを持ち込んだ生徒たちは、とんだとばっちりだったというわけだ。

そして、志鶴と盗まれた本人は呼び出され、他の生徒は返された。

その後に、盗まれた財布は本人のもとに帰ったという。