同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1: ◆bncJ1ovdPY 2018/05/31(木) 00:15:23.35 ID:rcTd5nKn0

『ジュリアさんとユニットを組むことになった』

それはあまりにも突然の出来事だった。
事務所でゲームをしていた杏奈の肩が揺さぶられ、連れて行かれたのは会議室。
疑問を浮かべる杏奈に告げられたのが、さっきの内容。

『......どうして、杏奈が......?』

当然、そんな疑問を抱いた。全く似ている要素も見当たらない二人。ユニットとして成り立っているかも分からない。
別に嫌ではなかったから直接言いはしなかったけれど、代わりにユニットのコンセプトを聞いたら『そのうち分かる』と流されてしまった。
その後はライブが一ヶ月後にあることと、そこでそれぞれの新曲を披露することを聞かされた。

「こうしてユニットとして一緒にやる事になったんだ。お互い頑張ろうぜ」

ジュリアさんは特に問題と感じていないのか、気さくに話し掛けてくる。
どう返せばいいのか分からなくて、小さく漏らすように「は、はい......」と返すのが精一杯だった。


2: ◆bncJ1ovdPY 2018/05/31(木) 00:16:27.64 ID:rcTd5nKn0

会議室を出てすぐ、ジュリアさんに「レッスンルームに寄っていかないか」と誘われた。
その言葉だけで察していたのかレッスンルームの予約は取られているし、断る理由も特にないので行くことに。

レッスン着に着替えてレッスンルームに入ると、既に着替え終わったジュリアさんがギターを片手に窓際にもたれ掛かっていた。

「よ、来たな」

手を上げて迎え入れるジュリアさんとは対照的に、杏奈の中では未だに疑問が渦巻いていた。

「何をするのか分からないって顔だな」
「え......」

そんな杏奈の疑問を表情から読み取ったのか、ジュリアさんはギターを構えながらそう告げる。