同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

森きのこ!

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:30:53.50 ID:cdMF4ygr0

キャラ崩壊です


2: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:32:50.60 ID:cdMF4ygr0

【星梨花の部屋】


星梨花「今日も劇場でたくさんアイドルの皆さんとお喋りしたんですね?」


星梨花「これじゃあ、いつものプロデュー
サーさんの良い香りが台無しです!」プンプン


星梨花「準備がしてありますから、先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」


ミリP(以下P)「は、はい」


ー数分後ー


P「あがったよ......星りっ!?」


星梨花「プロデューサーさん遅いですっ、私ずぅっと待ってたのに......」ギュウウッ


P「ず、ずっとって、シャワー浴びてたのなんて10分くらいの事で...うわっ!?」


ドサッ


星梨花「えへへ、プロデューサーさんをベッドに押し倒しちゃいました♪」


P「は、ははは......せ、星梨花は力持ちだなぁ。大人の俺が簡単に吹っ飛ばされちゃったよ」


P(一瞬、空中を飛んだ気がする)


星梨花「くんくん......」


P「ひっ!?や、やめ...せ、星梨花、首筋に顔近づけたら、息がかかってくすぐったい」


3: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:34:33.43 ID:cdMF4ygr0

星梨花「プロデューサーさんから、私がいつも使ってるシャンプーと同じ香りがしますねっ♪」


P「そ、そうなのか?用意されてたから、普通に使っただけなんだけど」


星梨花「ふふっ、私この香りとっても好きなんです。私が好きなお花の香りがして......くんくん」


P「うっ、だ、だから、くすぐったいってば」


星梨花「その香りとプロデューサーさんの優しい香りが混ざり合って......はぁ」


星梨花「どうしましょう、プロデューサーさん。私すごくドキドキしてきちゃいましたぁ......」


P「俺もまったく別の意味でドキドキしてるよ」


星梨花「えへへ、じゃあ今日も......」


星梨花「プロデューサーさんから血を吸っちゃいますね♪」


P「......どうぞ」


星梨花「うーん、今日はどこから吸おうかな~。ここ......でしょうか?」


チュッ


P「ちょっ、せ、星梨花!?あの...わざわざ吸う箇所にキスしなくても良いんじゃないかな?」