2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/25(火) 21:35:15.72 :XFnI5PQEO

亜里沙「キュンキュン......?ときめき......?」

雪穂(熱心になにか調べものしてる......。なに調べてるんだろ)ソーッ

亜里沙「ハルァショオー......なるほど......。しりとりで......」フムフム

雪穂「?」

亜里沙(どういうセリフならキュンキュンするのかな......)ウーム

雪穂「あり――――」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/25(火) 21:35:58.18 :XFnI5PQEO

亜里沙『あなたのことが大好きなの......』


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/25(火) 21:43:45.08 :XFnI5PQEO

雪穂「へっ!!?///」

亜里沙「とかかなぁ......」

雪穂「だ、大好き......って......///」

雪穂(今のって......告白!?///なっ、ななな、なんでっ!?///なんで急に!!?///なにかの間違い......じゃないよね......?私しかいないし......///でも......///)

亜里沙「ん?」クルッ

雪穂「あっ、あ......///」

亜里沙「雪穂。今の聴いてた?」

雪穂「えっ、やっ、あの......///うん......///」コクン

亜里沙「キュンキュンした?」

雪穂「へっ?あ、う、うん......///」

亜里沙(やっぱりああいうのでいいんだ♪せっかく雪穂がいるんだから、雪穂と二人でキュンキュンしりとりしたいな)

亜里沙「じゃあ、次は雪穂の番ね♪」

雪穂「私のって......」

雪穂(あ、返事か......。返事......///)

雪穂「こ、心の準備がまだ......///」

亜里沙「待てないよぉ」ズイッ

雪穂(積極的だぁ......///)

雪穂「わ、わかった......///じゃ、じゃあ......///」