1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/05/16(水) 21:59:58.26 ID:q/6Ku64H.net

↓こんな感じの画像が時折でます↓
苦手な人はご注意ください



3: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/05/16(水) 22:01:05.64 ID:q/6Ku64H.net

~生徒会室~


ダイヤ「ゲームを......私がですか?」


鞠莉「そう! 我がオハラグループが秘密裏に開発していたシミュレーションゲーム......」

鞠莉「それがね、ようやく形になってきたから――ぜひダイヤにプレイしてもらいたくって♡」テスト♡

ダイヤ「はぁ......」


ダイヤ「それは構いませんが......どうして私なのです?」

鞠莉「?」キョトン

ダイヤ「だから、これから行うゲーム......の、テストですかね。......をなぜ私に?」

鞠莉「いやだった?」

ダイヤ「嫌とかではなくて――もっと適任がいるでしょう」

ダイヤ「私はこの手のものには疎いのですし、善子さんあたりの方が適任だと思いますわ」

鞠莉「大丈夫デース。それにぃ......きっとダイヤ以上に適任者はいないわっ♡」

ダイヤ「またそのようなこと......」クスクス

鞠莉「嘘じゃないわよぉ」


4: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/05/16(水) 22:02:28.05 ID:q/6Ku64H.net

鞠莉「はい、パソコン♡」

鞠莉「この中にもうインストールしてあるから。とりあえずやってみてよ!」

ダイヤ「まったく......」ヤレヤレ


ダイヤ「鞠莉さんがどういうつもりなのかは知りませんが、あまり期待しないでくださいね」パカッ

鞠莉「......♪」ニコニコ


ダイヤ「えっと......――え?」

鞠莉「どうしたの、ダイヤ?」

ダイヤ「あ、いえ。最初の画面にアイコンがひとつしかなかったものですから――しかも......」

ダイヤ「"カスタムAqours"......?」

ダイヤ「まさか、これがゲームなのですか?」


鞠莉「Yes!」