同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

1: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:12:33.36 ID:h5U6lBb/0

ちょっとだけ独自設定あります



2: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:13:17.04 ID:h5U6lBb/0

P「菜々、今度の仕事なんだが......」ガチャ

菜々「はい。何ですかー? あ、ここで話します?」


P「の、つもり」

菜々「ちょうど良かったです。はいお茶どうぞー」

P「お、さんきゅ。で、資料。これ受けてみないか?」パサリ

菜々「いえいえー。あ、資料ありがとうございます」

P「どうだ?」

菜々「ナナが、観光PR大使......え、っと千葉県。ですか......」

P「だな。名所で写真を撮ったり、簡単なエッセイ書いたり、イベントに顔出したり、が今のところの予定」

菜々「むう......」

P「少し考える時間欲しいかもなー。ゆっくりでいいから」

菜々「分かりました。ちょっとだけ待ってもらいますね」

菜々「千葉、千葉かあ......」

スポンサーリンク



3: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:13:43.47 ID:h5U6lBb/0


菜々「Pさん、覚えてます? ナナのお仕事が増えてきた頃、いっこだけお仕事受けずに逃げちゃった時の事」

P「ああ、覚えてる。それも確か......」

菜々「千葉の菜の花畑でのロケでしたね」

P「二人でコッテリ絞られたなあ......何とかなって良かったぞホントに」

菜々「うう......その節は本当にご迷惑を......」

P「いや、そこまでプロデューサーの仕事だからな。ちゃんと意思疎通出来てなかったのも悪い」

菜々「ですね。あの後から色々話すようになった気がします」


P「今は休みが合わなくて不燃物出せない、とかクソどうでもいいことまで知ってる」

菜々「どうでも良くないですよ!? 玄関で見る度に思い出すんですから!」

P「こほんこほん」

菜々「Pさんが茶化すから......」

P「すまん、つい......」

菜々「何だかもう、懐かしいですね」