同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 08:43:28.45 ID:EZCEfSpa0


――羽丘女子学園 中庭――

美竹蘭(友達とはどういうものだったか)

蘭(きっとそれはどうでもいいことで笑い合えたり、お互いのことをよく知っていて、突然のお願いとかも簡単に了承できるとか、そういう関係だと思う)

蘭(気の置けない仲で、だからこそたまにぶつかり合ったりして、でもすぐに仲直りして、また笑い合える。一種の信頼関係だろう)

蘭(少なくともあたしはそう考えている)

蘭(ただ、今目の前にいる人物とはそういう関係ではないと思うから、あたしに放たれた言葉がすんなりと頭に入ってこなかった)

湊友希那「聞こえなかったかしら? バンドをやらないか、と言ったのよ」

蘭「いや、聞こえてますよ。聞こえた上で思ってるんです。『何言ってるんだこの人』って」

友希那「あら、随分な言葉ね」

蘭(湊さんはそう言うと、『やれやれ』というニュアンスの入ったため息を吐きだしていた)

蘭「大体、バンドをやらないかって......もうやってるじゃん、あたしも湊さんも」

友希那「そうね」

蘭「そうねって......」

蘭(明らかに言葉足らずな返事に少しだけいらつく。アフターグロウのみんなならその言葉だけで大体のことは伝わるし、それなりに付き合いがある友達なら何となく意図が汲めないこともない)

蘭(ただ、もう一度言うけれど、湊さんとはそういう関係ではない。だからあたしに何が言いたいのかさっぱり分からなかった)

蘭「わざわざ中庭にまで呼び出して、話はそれだけですか?」

友希那「そうよ」

蘭「分かりました。それじゃ、あたしはもう教室に戻りますので」

友希那「まだ返事をもらってないわよ」

蘭「察してくださいよ。あたしはやりませんからね」