1:名無しさん@おーぷん 2018/05/13(日)03:27:17 ID:9JN

宇宙世紀0079年1月3日 この日、人類史上最悪の戦争が幕を開けた
地球連邦政府に対して宣戦布告をしたのは、宇宙コロニーサイド3を本拠地とする
ザビ家が牛耳るジオン公国によるものだった。

スペースノイドの独立を掲げるジオン公国と地球連邦の戦いは熾烈を極めた
しかし、0080年1月1日に宇宙要塞ア・バオア・クー陥落によりジオン公国敗北として終戦
後にこの戦争を「一年戦争」と呼ぶことになる

それから3年後、宇宙世紀0083年、ジオン残党デラーズフリートによる星の屑作戦により
地球連邦政府は再びコロニー落としを受けることになる

しかし、それらの事実は、歴史から抹消され”なかった事”にされる

それから5年後、歴史は再びあの男を動かそうとする


これは、茶色の流星と呼ばれた男の物語である


前作

前前作



2:名無しさん@おーぷん 2018/05/13(日)03:28:26 ID:9JN

グリプス戦役
後にそう呼ばれる戦いは、ジオン残党狩りを名目に結成された ティターンズ と
それに異を唱えた反ティターンズ組織 エゥーゴ との戦いであり
勝敗はエゥーゴの勝利で幕を閉じた しかし

地球圏には旧ジオン公国最大勢力、ネオジオンが宇宙要塞アクシズと共に帰還
エゥーゴ、ティターンズ、ネオジオンという3つ巴の戦いであり
ティターンズに勝利したエゥーゴも辛勝であり、その兵力は疲弊しきっていた

それに功を奏したのは戦力を温存していたネオジオンであり、ティターンズ亡き後の地球圏は

アクシズ、エゥーゴとの戦いになって行った・・・

ネオジオンの勢いは破竹のごとく、その勢力を止めるすべがないエゥーゴと地球連邦政府は
地球にネオジオン艦隊の降下を許してしまう

そして、ネオジオンに地球連邦政府の本拠地、ダカールを占拠される。

これにより、ネオジオンが地球圏を収めたかに思われたが・・・


連邦兵「なあ知ってるか、消えた宇宙艦隊のこと」