1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/13(日) 00:03:58.353 ID:QLmyNzb+x

ジン「お前ももう中堅だからな。そろそろ面接官をやってもいい頃だ。」

ウォッカ「しかし兄貴、俺そんなことやったことないですぜ。俺に務まるかどうか...」

ジン「安心しろ、ウォッカ。当日は俺も同席して隣にいてやる。」

ウォッカ「で、でも...」

ジン「俺の後釜を立派に務めてくれるのはウォッカ、お前だけだと思っているからこうやって頼んだんだ。だが自信がないなら仕方ない。コルンにでも...」

ウォッカ「俺にやらせてくだせえ、兄貴!兄貴の後は俺が立派に継いでみせますぜ!!」

ジン「(まったく、単純な奴だぜ...)」ヤレヤレ



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/13(日) 00:07:14.049 ID:QLmyNzb+x

当日
ウォッカ「兄貴、緊張してきましたぜ」

ジン「落ち着けウォッカ。俺が教えてやったことをしっかり思い出せば大丈夫だ。そんなに気負わずにやれ。」

ジン「ただし、俺たちはなめられたら終わり。分かってるな」ゴゴゴゴ

ウォッカ「へ、へい。もちろんですぜ兄貴。(全然落着けない、ミスったら殺される...)」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/13(日) 00:08:59.924 ID:QLmyNzb+x

ジン「ん、そろそろ時間だぞ。準備しておけ。」

ウォッカ「へい、兄貴」

コンコン

ウォッカ「(き、来たっ。) どうぞ。」

就活生A「失礼します!」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/13(日) 00:10:46.505 ID:QLmyNzb+x

ウォッカ「どうぞ掛けてください。ではまず自己紹介をしてください」ドキドキ

A「はい、OO大学のAと申します。」

ウォッカ「では、志望動機をお願いします。」

A「はい、まず御社の業務内容に関心があり......さらに、明るくアットホームな社風に...............。」

ウォッカ(ほう、話を聞いているとハキハキしていて好印象じゃねえか。)