1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/04(金) 23:13:44.08 ID:zSbiKKi7.net

果南「1.2.3.4!1.2.3.4!」

果南「ダイヤ!またそこステップ遅れてるよ!」

ダイヤ「わっわかりましたわ!」


果南「はい!じゃあここで一回休憩にしようか!」

千歌「疲れたぁー!アイス食べたぁーい!」

梨子「水分補給も忘れないでね?」

善子「今日は暑いから一段と体力を持ってかれるわね...」

ダイヤ「つっ疲れました...」

ルビィ「お姉ちゃん大丈夫?」

ダイヤ「ちょっと日陰で休ませてもらいますわ...」

曜「............」





2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/04(金) 23:15:13.56 ID:zSbiKKi7.net

ダイヤ「はぁ......」


今回の曲のステップがどうしても上手くいかない...

頭では理解しているつもりなのに...


曜「ダイヤさん大丈夫ですか?」

ダイヤ「あっ、曜さん。すいませんご心配をおかけしました」

曜「それもそうですけど、ダイヤさんあそこのステップいつも辛そうだったんで。よかったらお手伝いしますよ?」

ダイヤ「えっ?でも曜さんはそこ私と違う振り付けじゃありませんでした?」


4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/04(金) 23:17:55.68 ID:zSbiKKi7.net

曜「大丈夫!今回の振り付けは果南ちゃんと一緒に考えてたんでダイヤさんのパートも覚えてるんです!じゃあやってみますね!!」

そういうと曜さんは私の振り付けを軽々と披露してくれた。
私はただただその振り付けに釘付けだった。


曜「......よっと!こんな感じです!でダイヤさんが苦手としてるのはここの...ん?どうしましたダイヤさん?」

ダイヤ「いや...さすが曜さんだなと...すいません見惚れてしまいました」

曜「みっ見惚れたなんて照れちゃうじゃないですか!じゃあ初めからアドバイスしていきますね!まずここでは左足を...」


渡辺曜さん。
飛び込みの高校生日本代表レベルの待ち主で浦の星女学院のスター的存在。
裁縫も出来て料理も上手く、周りの人達とのコミュニケーションも上手。

そしてスクールアイドルAqoursのメンバー。


ダイヤ(流石、渡辺曜さん...ですわね...)