1: 名無しで叶える物語(フンドシ) 2018/04/30(月) 19:07:52.78 ID:hWnnYc4C.net

私の学校生活はそれなりに満ち足りていた。
入学早々、自己紹介で少しだけ失敗したりもしたが、今では笑い話に出来るくらいにはなった。
それくらい、スクールアイドルの活動は充実しているのだけれど、何か少しだけ、物足りなさも感じていた。
その物足りなさの正体は自分でもわからなかった。


善子「あれ、梨子ちゃん?」

放課後、今日は練習も休みで、なんとなく手持ち無沙汰になったので中庭に行くと、一つ上の先輩、梨子ちゃんがいた。
エプロンを着け、手にはパレットを持って。どうやら絵を描いているようだ。

梨子「よっちゃん」

善子「へぇ、上手いものね」

覗きこんだキャンパスには風景画が描かれていた。完成まで後2,3割といった所だろうか。
その本格的な様は流石は元美術部だと思った。

梨子「そんなこと、ないよ。暇だったから描いているだけだし」

梨子ちゃんは顔を赤らめて私の言葉を否定した。彼女はそうだ、どこか自分に自信が持てていない、引っ込み思案なところがある。
私が言えた口ではないが、もう少し自分に自信を持って良いと思うのだけれど。

善子「あるわよ、そんなこと。ねぇ、少し見ていてもいい?」



2: 名無しで叶える物語(フンドシ) 2018/04/30(月) 19:08:53.19 ID:hWnnYc4C.net

他にやる事も無いため、私はなんとなく絵を描く所を見ていたいと思った。

そう、最初は純粋に、絵に対する興味だった。

梨子「う、うん。別に、いいけど」

やはり、他の人がいると集中できないのだろうか、どこか歯切れの悪い返事をされる。
とはいえ、許可は貰ったのだ。遠慮なく見させてもらおう。
心配しなくとも、無闇に話しかけたりはしないから。

善子「では遠慮なく」

そう言って私は梨子ちゃんの少し後ろに腰を下ろした。

それから、しばらく梨子ちゃんが絵を描く様子を眺めていた。
初めの方は少し緊張していたような梨子ちゃんも、暫くする頃にはそれも解けたのか、思うが侭に手を動かしているように見えた。

絵が描かれる過程を見るのは存外楽しく、梨子ちゃんが手を動かす毎に、キャンパスの中は少しずつ、完成度を高めていく。少し前の状態よりも確実に良くなっていくのがハッキリとわかる。
思えばこうして人が絵を描く所を見るのは初めてだった。何時も見るのは完成品ばかりか、もしくはまっさらな白紙のどちらか。0か100しか知らない私にとって、こうして過程を眺める行為は、新鮮で中々に楽しめるものがあった。