同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/04/24(火) 16:12:52.10 :Jr7hzdqHO
■二秒で理解(分か)る注意書

唐辺葉介という私が好きな作家の作品とガルパンをごちゃ混ぜしたSSです。
ネタバレは自己責任でGO!


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/04/24(火) 16:14:34.37 :Jr7hzdqHO

《序章》

こう、抱き枕にしているボコのぬいぐるみを見ると、左腕の色がくすんでいるような気がするのだよね。
思うにこれはボコの、特に左腕を枕に寝ているのが悪いのだ。お気に入りなのに染みを作ってしまった。朝から嫌な気分になってしまったぞ。
ああ、そうだ、そうだ。朝なのだ。

時計を見ればもう7時が近い。
大洗に来た当初は、実家の癖が抜けきっていなかったのか、朝はそれは機敏な動きで起床していたんだ。
なのに、ここにきて私の生来の怠惰な部分が出てしまった。
近頃は毎日のように遅刻してしまっているのに、「西住さんは転校生だから」という理由で叱られずに済んでいる。
よくない事だ。世の中にある人の優しさは有限なのだ。
こんな事で私が優しくされる訳にはいかない。
意を決して私はのろりのろりと布団から抜け出したんです。




今日は珍しく昼食に誘われた。
こんな私の何処が気に入ったのかしら世の中には変わった人達がいるものだなあ。
五十鈴華さんと武部沙織というらしい。
二人は選択科目が気になるらしく、しきりにそのことばかり話し込んでいた。
沙織さんは明るくて話しやすいので私は彼女が気に入った。
五十鈴さんは真面目そうなのに、そのくせ食欲は旺盛だった。
こんな真面目なそうな顔をしながらも、料理を口にしたときは、これはおいしい、これはマズイとか感じているのだろうか。
それとも、意識は話に集中していて、何も考えずに機械のように無意識に食べ続けているだけなのだろうか。
私は話の内容よりも、それが気になってしかたなかった。