同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

エレファント速報

森きのこ!

1 : ◆CItYBDS.l2 - 2018/03/30 08:13:37.76 hRbC8D020 1/90

行政官「それでは、面接を始めたいと思います。えーっと、その前に一点だけ」

行政官「どうして3人でいらっしゃったんですか?」

若い男「ほら言われた」

戦士「いや、しかしだなあ」

魔法使い「心配だし・・・」

行政官「お答えいただけますか?」

若い男「すみません。彼らは、志同じく共に魔王を打倒すと約束した俺の仲間達です」

大司教「仲間たち?」

若い男「ええ。体の大きい男が戦士。ちっこいのが魔法使いです」

剣聖「この面接を受けるのは、貴様で間違いないのだな?」

若い男「はい」

剣聖「・・・何故、一人で来なかった」

若い男「すみません。俺のことが心配だって言って付いてきちゃったんです」

行政官「ついてきちゃったって」

戦士「こいつが勇者に選ばれるかどうか、この目で結末を確かめにきた」

魔法使い「ごめんなさい、彼は、その・・・なんというか、ちょっと頼りないので・・・心配で」

行政官「ま、まあ、いいでしょう」

行政官「それでは、始めましょうか」


行政官「貴方が新たな勇者たるかどうかを見極める面接を」

元スレ
「それでは、勇者の面接を始めます」

2 : ◆CItYBDS.l2 - 2018/03/30 08:14:09.28 hRbC8D020 2/90


――――――

一組目 若い男と仲間たち

――――――

3 : ◆CItYBDS.l2 - 2018/03/30 08:14:42.93 hRbC8D020 3/90

大司教「あれは、ダメだな。勇者には不適格だ」

行政官「いきなりですね」

大司教「先代勇者はたった一人で、魔王と戦い打倒したのだぞ」

大司教「先ほどの若い男は何だ、仲間だなどと甘っちょろいことを言いおって」

大司教「ピクニック気分で、魔王を討伐できると思っているのではないのか」

行政官「それは、女神正教の大司教としての意見ですか?」

大司教「馬鹿なことを言うな!これは、単なる個人的な意見じゃ」

行政官「なるほど、では記録には残しませんので」

大司教「そうしてくれ。・・・まったく近頃の若い者たちは。勇者を舐めているのか」

剣聖「・・・」

剣聖「・・・いや、大司教。アンタこそ魔王を舐めているんじゃないのか」

大司教「なんだと!?」

行政官「どうどう」

剣聖「・・・アンタも知っているだろう」

剣聖「魔王は復活した」

剣聖「あの勇者との戦いで、確実に致命傷を浴びたはずの男がだ」

大司教「もちろん、知っておるわ。それがどうした」

剣聖「人は失敗を糧に成長する、ならば魔物はどうだ?」

大司教「魔物など・・・人と獣とを同等に比較してどうなるというのだ」

剣聖「獣とて学ぶ、昨日罠にかかった鹿は明日罠を避ける」

剣聖「高位の魔物は、人より優れた知能をもつ。現に魔王はそうであった」