【モバマス・大槻唯SS】《楽しい日々》


1: ◆hAKnaa5i0. 2018/04/16(月) 00:25:45.34 ID:rr9pDwNT0

大槻唯は小さなボックス部屋で歌っていた。

彼女は笑顔だった。

手元にあるタブレットに数字を入力して、流行りの曲を呼び出す。

イントロが流れると唯はマイクを唇に近づけ、歌った。

喉が乾いて烏龍茶を飲んだ。

カラオケを楽しんだ。

別れ際、唯の友達は言った。

「唯は歌が上手くて羨ましいよ」

唯は得意げに笑った。

自負していることを褒められるのは嬉しいことだ。

スポンサーリンク




2: ◆hAKnaa5i0. 2018/04/16(月) 00:26:31.34 ID:rr9pDwNT0

唯が事務所に着いたのは夕方だった。

空はオレンジ色に染まっている。

黒い雲が流れている。

まもなく明るい色は影を潜めた。

事務所の前の電灯が明滅を繰り返していた。


3: ◆hAKnaa5i0. 2018/04/16(月) 00:27:24.65 ID:rr9pDwNT0

唯はボイスレッスンを受けた。

自信があった。

だがベテラントレーナーの青木聖はなかなかOKを出さなかった。気難しそうな表情を浮かべている。

「駄目だ。もう一度だ」

そう繰り返すばかりでもやもやした。

唯は喉がかすれる感覚を抱いた。咳をする。低音が上手く出せない。

聖は溜息をついた。

「大槻。お前、ここに来る前にカラオケにでも行ってきたのか?」

唯は謝った。ごめんなさいと頭を下げた。

聖は溜息をついて、頭を振った。

「甘えるなよ。プロとしての意識を持て」

唯は下を向いた。

レッスンが終わった帰り道、彼女の足取りは重かった。


続きを読む