千歌「幼馴染の果南ちゃんと」


1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:29:37.82 ID:NBPguAGy.net

冬、冬といえばこたつ、こたつといえばみかん。

みかんの季節がやってまいりましたー!

というわけで、果南ちゃんとみかんデートだよ。

最近はスケジュールが合わなかったから冬になってから会うのは初めて。

久々だとわくわくするね。

果南「やっほ」

来た!

千歌「果南ちゃん久しぶりー!」

左手はポケットに入れたまま右手をすっと高くに上げる仕草が果南ちゃんらしかった。



2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:31:28.48 ID:NBPguAGy.net

さてどこに行こっか。

千歌「どこ行く?」

果南「そうだねー」

厚手のコートに白い吐息。

髪が少し伸びたのかな。雰囲気がまた大人っぽくなった?

千歌「寒いよね」

果南「寒いね」

千歌「冬だよ」

果南「冬だね」

千歌「では問題です。冬といえば何の季節でしょう!」

果南「言うと思った。みかん狩りは持って帰っても腐らせちゃうから遠慮するよ」

千歌「どうして分かったの?!さてはエスパー!!」

果南「ははっ。このやり取りすると冬だなーって感じるなあ」


3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:32:03.35 ID:NBPguAGy.net

千歌「いつからやってんだろう、これ」

果南「小学校低学年...いいや、幼稚園の頃にもやった気がする。ほら、3人で朝からクリスマスパーティーとか言ってさ」

千歌「ああ覚えてる!確かあの時は...」

果南「...」

千歌「私、一日のスケジュール書き出してさ、3枚つくって渡したんだ」

果南「そうそう」

千歌「それで、冬といえばみかん、まずはみかん狩りに行きましょう、って仕切って、畑まで行って、みんなでみかん狩りしたよね」

果南「私持ち帰れないくらい採っちゃってさ、しばらくみかんに囲まれた生活だったおかげで一時期みかん恐怖症だったんだ」

あったね、そんなこと。

懐かしい思い出話をしながら、2人で街に向かっていった。


続きを読む