【ラブライブサンシャイン】善子「今だけ私のことを」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/12(木) 19:03:45.32 ID:iaNBXfrL0

1人、学校へ向かう朝のバス。


曜『全速前進~ヨ―ソロー!』


スマートフォンに映るのは、Aqoursの宣伝のためにネットにあげられた動画。

小さな画面の中でも分かる、キラキラと輝いている、私の先輩。

私が密かに恋心を持っている相手。


『可愛い』『曜ちゃん最高!』『この子いいね~』


溢れる称賛のコメント。

皆から愛されるその人に、私はコメントを書きこむ誰よりも近い。

ちょっとした優越感。この有象無象と比較すれば、私と彼女との関係は、相当深い部類。

でもね、それじゃダメなの。

一番にならなければ意味がない。

一番でなければ手に入らない。

そして知っている、私が一番になることは不可能だということを。

貴女が好きなの、そのすべてを欲しいの。

でも絶対に叶わない、それが苦しくて。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/12(木) 19:08:59.28 ID:iaNBXfrL0

だからこうして気を紛らわす。

自分より下の相手と比べて、まるで自分が彼女にとって特別な存在であるような気分を得る。

あくまでも、同じ部活の先輩後輩に過ぎないのに。

そんな現実に引き戻されると、襲ってくる虚しさ。

バカバカしい、本当に。


曜「よーしこちゃん、何やってんの」


でもそんな気持ちなんて知らずに、あの人は私の懐に飛び込んでくる。

善子「曜さん......」

気づかない内に、曜さんが乗車してくるバス停に到着していたのだろう

曜「それ、私の動画?」

自然と私の横に座りながら、スマホの画面をのぞき込んでくる。

善子「えぇ、変なところがないかチェックしてたの」

見られても別に動じることはない。

口に出さない限り、私の心の中が覗き込まれることなんてあり得ないんだから。

曜「どこか気になるところあった?」

善子「いえ、私が見た限りでは大丈夫ね」

曜「ならよし!」

満足そうにガッツポーズ。朝から元気いっぱいだ。


続きを読む