渋谷凛「ジャストライト」


1: ◆TOYOUsnVr. 2018/04/13(金) 03:07:54.13 ID:NDASyQPp0


静まり返ったレッスンスタジオの廊下に、ぺたぺたという音が響いている。

同じアイドルの子や警備員の人たちは靴だから、来館者用のスリッパの音だとわかった。

そして、利用時間を過ぎたレッスンスタジオ、それも私のルームにやって来るのなんて、たぶん一人だけ。

私のプロデューサーだ。

ぺたぺたはだんだん大きくなり、やがてルームの前で止まる。

間もなく扉が勢いよく開け放たれ、予想どおりプロデューサーが入ってきた。

「お疲れー」

平常運転の意味なく楽し気な声色と表情だ。


スポンサーリンク




2: ◆TOYOUsnVr. 2018/04/13(金) 03:08:21.37 ID:NDASyQPp0




「ちょっと早かったか」

流れる汗や上気した肌は誤魔化せず、それを見て申し訳なさそうにプロデューサーが言う。

「ううん、大丈夫。今からダウンするから」

確かにもう少し練習していくつもりだったけれど、それならそれで、とキリをつけることにした。

「じゃあアイシング用の氷とか、取ってくるよ」

「うん。ありがと」

そうして私は、ぺたぺたが遠ざかっていくのを聞きながら、念入りに柔軟を行った。


3: ◆TOYOUsnVr. 2018/04/13(金) 03:09:12.64 ID:NDASyQPp0




少しして、プロデューサーがアイシング用品を持って戻ってきて、わざとらしく私の隣にどさっと座り込む。

そうして、氷を私の首筋に当てようとしてきたので、払いのけてやる。

「ばれたか」

「もう。くだらないことしないでよ」

プロデューサーは悪びれもせずに笑って氷嚢を手渡す。

それを受け取り、私は酷使した筋肉を冷やすことに努めた。

プロデューサーはというと、アイシングのために私の両手が塞がっているのをいいことに「ほら、水分摂って」だとか「アミノ酸も」だとか言って、何かと口元へと運んでくる。

疲労に包まれている状態では、抵抗する元気もない。

だから、半ば諦めて、受け入れる。

どうやらプロデューサーはそれが嬉しいらしく、より一層にこにことしているのだった。


続きを読む