関連記事:

【ポケモン】レッド「一人に飽きた」【後半】



535:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 03:26:29.09 ID:MnegzIhC0

ガシャーン

レッド「!?」

メイ「はぁ...はぁ...」

コトネ「あ、あんたはキョウヘイ...!」

コトネ「何やってんの!」

メイ「今はメイです...」

メイ「レッドさんが記憶なくなったって聞いたので私のこと覚えてるかの確認に...」

レッド「なんで窓からくるの...」

メイ「すいません、イッシュから急いで飛んで来たもので」

コトネ「別にほんとに飛んでるわけじゃないでしょ」



536:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 03:27:17.68 ID:MnegzIhC0

メイ「それで私のことは...」

レッド「ああ、覚えてるよ」

メイ「よかった~」

コトネ「てかもうレッドさんの記憶は戻ってるけどね」

メイ「えっそうなんですか...くっ」

コトネ「『くっ』ってなんだおい」

コトネ「もしかしてレッドさんの記憶がないから、そこに間違ったこと教えようとしてたんじゃないでしょうね」

メイ「まっさか~」

メイ「そもそもそんなこと思いつきもしなかったなあ」

メイ「そんなことスッといえるなんてまるで自分がやったみたいですよ」



537:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 03:27:53.75 ID:MnegzIhC0

コトネ「別にー、そんなこと考えたこともないけどー」

コトネ「ねえレッドさん」

レッド「......」

レッド「さあ、それは覚えてない...」

レッド「それよりリーリエ、救急箱持ってきて」

レッド「さっきのでメイちゃん頭ケガしてるみたいだし」

リーリエ「はい」

コトネ「頭から窓に突っ込んでくるなんて何考えてんだか」