ブス「私イケメン君がやっぱり好きなんだー」美少女「ふーん」


1:千夜 ◆Chiya..8o. 2018/03/29(木) 15:39:17.325 ID:aBNuezZw0NIKU

~放課後の部室~

ブス「...ってこれってギャグになるのかな?」

美少女「急にどうしたの(笑)」

ブス「いやあ私みたいのがさ...イケメン君のこと好きって言うのって」

美少女「どうして?」

ブス「ちょっとー性格悪くない?顔面偏差値の差分的にって意味ー」

美少女「まあイケメン君は確かに近寄り難いかなー」

ブス「あんたでも?」

美少女「え?私もあんまり男の子とは会話しないし」

ブス「ふーん」

美少女「...」



2:千夜 ◆Chiya..8o. 2018/03/29(木) 15:42:45.512 ID:aBNuezZw0NIKU

美少女「でもさ、好きならコクってもいいんじゃない?」

ブス「は?竹槍でB29に突撃するようなもんだよ!?」

美少女「www...いやいや、でももうすぐ3年生じゃん?3年になると受験期になるし...」

ブス「えー...でもー...うーん...」

美少女「別にフラれてもいいじゃん。そしたらまた新しく探せばいいんだし」

ブス「はっ!...ていうかさ、イケメン君て彼女いるでしょ絶対!」

美少女「ラインで聞いてみようか?」

ブス「え?イケメン君のライン持ってるの?」

美少女「うん」

ブス「え...じゃあ...それとなーく...聞いてみて?」



4:千夜 ◆Chiya..8o. 2018/03/29(木) 15:44:50.411 ID:aBNuezZw0NIKU

美少女「じゃあ聞くね」

美少女『イケメンくんて彼女いるの?』

ブス「ちょちょ...ちょっと直球過ぎない!?」

美少女「え?ダメ?」

ブス「い、いや...いいけどさ」

美少女「じゃあ返信来るまでまた部活の練習の続きしようか」

ブス「う、うん...」

--------------



続きを読む