1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/28(水) 10:38:11.772 ID:U3hl+BR30

蘭「ちょ、ちょっとコナンくんっ! 何を言い出すの!?」

コナン「ねえ俺さん。本当は童貞なんじゃない?」

蘭「もう、そんなわけないでしょう? 俺さんはもう24歳なんだから、童貞なわけないじゃない」

蘭「ごめんなさい。コナンくんが失礼なことを聞いてしまって......」

俺「いえ、気にしてませんから。アハハ」

小五郎「ったく。坊さんじゃあるめえし、成人した童貞がいるわけねえだろうが」

俺「想像力がたくましいですね」

蘭「はい、好奇心も旺盛で......。コナンくん、変なこと言っちゃダメでしょう?」

コナン「えへへ。ごめんなさーい」


コナン(いや、奴は間違いなく童貞だ......。こうなったら、おっちゃんたちにヒントを与えて気づかせるしかねーか)

コナン「よっと......あれれぇ~? おかしいぞぉ~?」

小五郎「なんだ?」

コナン「見てよ! 俺さんの頭頂部! 髪の毛が薄くなってるでしょ?」

俺「......!!!」

蘭「た、たしかに......」

コナン「頭頂部が薄くなってる人が、女の人とセ○クスできるのかなぁ」

目暮「俺さん。これはいったい、どういうことですかな?」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/28(水) 10:38:46.123 ID:U3hl+BR30

高木「もしかして......俺さんは童貞なんじゃ......?」

俺「そ、そんなわけないでしょう! ねえボク、どうして髪の毛が薄いと女の人とセ●クスできないことになるんだい?」

コナン「だって、ハゲはかっこわるいもの!」

俺「ハゲじゃないよ。まだ髪の毛はあるじゃないか」

目暮「その薄毛を見る限り、『ハゲ』と呼ばれるようになるまで、あまり猶予は無いように思えますが」

俺「......!」

蘭「たしかに髪の毛が少ない人にはときめかないって、クラスのみんなが言ってたような......」

コナン「でしょー?」

目暮「蘭くん! それは本当かね!」

蘭「はい......好みはあると思いますけど、ハゲが好きだって人には会ったことないです」

小五郎「おいアンタ。本当に非童貞なんだろうな」

俺「あ、あたりまえでしょう! この歳で童貞だなんて、考えただけでゾッとします」

コナン(まだ認めねえか......よーし......)

コナン「あと、さっきから気になってたんだけど......俺さん、ちょっと太り過ぎなんじゃない?」

俺「ぐっ......!」

高木「た、たしかに......」

目暮「失礼ですが、あなたの体重を教えていただけませんか?」