149:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 10:42:36.20 ID:8Zghcs7u0

アックア「さて、そろそろ......」麦野「ちょっといいかしら?」


※注意
上条さんTUEEEEE!がしたかっただけのIFストーリーです
要は『上条さん×アイテム』なのですが、今回のメインヒロインは麦野さんです
「麦野ぉ?俺が幸せにしてヤんよ!」と言う方にお勧めします
(あと上条さんの説教好きな方にも是非読んで頂きたいです)
繰り返しますが、浜面ファンの皆さんごめんなさい(テヘペロ)

日常:戦闘:ラヴ:コメ=4:2:1:3、ぐらいです
シリアスイラネ的なご意見も多かったのですが、私は『落差』も必要だと思います
(甘いものばかり食べていても飽きる、ぐらいの認識で宜しいかと。興味無い方は適度に読み飛ばして下さい。シリアス続きの所は面白くないにゃー、とか思われてブクマを外されても、それは偏に私が至らないだけでしょうから)

所詮は我が侭に過ぎませんが、それでも最後までお付き合い頂ければ幸いです



150:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 10:44:33.52 ID:8Zghcs7u0

――○○学区校舎内、深夜零時

麦野「クソっ!フレンダは何処行ったの!?あのビ×チ目ぇ離したらチョコマカと」

フレンダ「助けてっ!助けてえぇっっ!?」

麦野「フレンダ!待ってろ――ってコラ!逃げんな!」

麦野(なんでアイツ地面に這いつくばってんだぁ?つかそのまま移動するなんざ、何かに足首を掴まれている――)

麦野(――ん、だったら何故フレンダを引きずり回しているヤツの姿が見えない?)

フレンダ「たすけ、てっ!......たす、けてっ!」

麦野「フレーーーンダッ!ちったぁ抵抗しろやボケがあぁっ!つーか敵に捕まってばかりのピー○姫気取りかコラアァッ!」

麦野(何つーかハプニングに弱いのよね、この娘)

フレンダ「......けて......けて......けて......」

麦野(止まった――か?周りにゃ人の気配はねぇが、一応やっとくか)

ドゥンッ!

麦野「潜伏出来るポイントにゃ潜んでない、か。ったく深夜の学校で追い掛けっこって、ガキの肝試しじゃないんだからよ」

フレンダ「けて、けて、けて、け、て」

麦野「何やってんのよフレンダ。さっさと立ちなさい、な......?」

麦野(......何かおかしい。なんだこのニオイ?)

フレンダ「て、け......てけっ!」

麦野(こいつを追い掛けてきた廊下にべっとりと、血か!)

麦野(けど生きていられる血の量じゃ――)

フレンダ「テケ、テケ、テケテケテケテケテケテケテケテケテケッ!!!」

麦野「テケテケ出たあああああああああぁぁぁぁぁっ!?」