1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 04:20:34.82 ID:f5EutY0t0

シトロン「2人ともどうしたんですか!?」

サトシ「セレナが悪いんだ...!」

ユリーカ「セレナが何かしたの!?」

セレナ「私はサトシに相応しくないフュギュアを捨てただけよ!」

ユリーカ「...えっ?フュギュア?」

シトロン「フュギュアで...そんなに怒らなくても...」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 04:20:58.37 ID:f5EutY0t0

サトシ「シトロン...!お前に俺の気持ちがわかるか!!小遣いを貯めてようやく手に入れたクスィーガンダムのフュギュアを捨てられた俺の気持ちが!」

シトロン「...!?」

セレナ「だから...サトシにはそんなのいらないでしょ!」

ユリーカ「サトシもセレナをもう許してあげたら?」

シトロン「セレナ...」

セレナ「なにシトロン?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 04:21:28.97 ID:f5EutY0t0

次の瞬間シトロンはセレナの頬に拳をぶつける。グギィと生々しい音が響きセレナは地面に倒れこんでしまった。

セレナ「な、なにをするのシトロン!?」

ユリーカ「お兄ちゃんやめて!」

シトロン「黙れ!この女はクスィーガンダムを...サトシのクスィーガンダムを壊した女だ!」

セレナ「あ、あんなものサトシには相応しく...」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 04:22:11.88 ID:f5EutY0t0

サトシ「...なんだと!?」

???「その言葉は聞き捨てならないな!」

シトロン「なっ...」

ユリーカ「あのロボットは!?」

セレナ「!?」

声の聞こえた空を見上げると巨大なロボがビームライフルを構えて浮かんでいた。このロボットの名をサトシを叫んだ。

サトシ「クスィーガンダム!!」

???「ファンネルミサイル!」

クスィーから5、6発のミサイルが放たれ、それらは全て...セレナに向かっていた。

セレナ「いやぁああああ!!」

全てのミサイルがセレナに衝突し、爆発する。セレナは跡形もなく消し飛んでいた。