同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

エレファント速報


1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/03/01(木) 01:47:52.57 ID:oJjJsh0zo

これは稀代の女難に見舞われた、ある一人の男の話である。

===1.

事の始まりは午前のこと。連勤の疲れが出て来たのか、
はたまた日頃の無精が祟ったか、もしくはそれぞれどちらもか。

兎にも角にもP氏は不覚のうちに接触事故を起こしたのだ。

「明日は待ちに待ってた休みだ」とか、
「早く家に帰って眠りたいな」なんてことに意識をやってたせいもあるのだろう。

前方不注意怪我一生。

とにかく注意力が散漫になっていたことを否定することなどはできやすまい。

不幸にも事故現場となってしまったのはいつもの如く765プロ劇場。
P氏が資料を詰めた大きくて重たい段ボール箱を抱えて階段を上っていた時の出来事だ。

スポンサーリンク


2: ◆Xz5sQ/W/66 2018/03/01(木) 01:50:07.23 ID:oJjJsh0zo


「や、やっぱり少し無茶だったか......?」

口から不安がこぼれ落ちる。

なにせ彼の視界は二段重ねの段ボールによって
見事に遮られていたのだからそれも当然のことだろう。

普通に前に進もうにも、そのままでは行く先すらまともに確認ができない状態だ。

そうしてそんな有様だったからこそ、
P氏は階段を駆け下りて来た一人の少女に気づくのがついつい遅れてしまったのだ。

分かった時にはもう手遅れ。ぶつかる衝撃、響く悲鳴。

踊り場に乗せばかりの彼の足は宙に浮かび、
持っていた荷物は放り投げるようにして後ろへと。

......P氏の運命は定まった。
まず、このまま階段を転がり落ちるのは間違いない。

この先に待ち受けるのはカタい、カタい、廊下である。
叩きつけられれば恐らく凄く痛いだろう。

いくらやせ我慢が特技のP氏でもこれには泣いてしまうかもしれない。
いや、泣いてしまうに決まっている。