1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/03/11(日) 07:08:54.17 ID:mq8+V1BI.net

曜「むーっ!」

鞠莉「むーっ!」


果南「ちょっとちょっと。何があったの、一体」

千歌「わかんない、私たちが来たときには既にこんな様子で...」



2: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/11(日) 07:10:09.64 ID:Lpp3Vqpx.net

鞠莉「大体曜はいつもそう!この前だって――」

曜「それは今関係ないでしょ!?鞠莉ちゃんの方こそ――」

鞠莉「言ったわねぇ!?」


千歌「ど、どうしよう」

ダイヤ「あのお二人が喧嘩なんて、珍しいですね」

梨子「というより、あんなに怒ってる二人を見るの初めてかも...」

果南「よっぽどのことがあったのかな...」


3: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/11(日) 07:11:21.50 ID:Lpp3Vqpx.net

曜「はいはい、わかりましたよ!私が悪うございました!小原家のご息女、いえ、理事長どの!」

鞠莉「曜!何よその言い方!」

曜「ふんっ」

鞠莉「こいつぅ...!」


梨子「わわ、収まる気配が見えないよ!」

果南「こうなったら仕方ない...千歌!」

千歌「了解!はぁぁぁぁぁ...!」


4: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/11(日) 07:12:32.99 ID:Lpp3Vqpx.net

梨子「えっ、千歌ちゃん?」

果南「梨子ちゃん、火線上から離れて!」

梨子「えっ、えっ」

千歌「はぁぁぁぁぁあ!」ゴゴゴゴゴ

ダイヤ「梨子さん、こちらへ!耳を塞いで!」

梨子「ええっ!?」

千歌「...充填完了!」

果南「よし、てーっ!」バッ


千歌「いい加減に、し――」


5: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/11(日) 07:13:56.81 ID:Lpp3Vqpx.net

曜「!」シュッ

千歌「もごっ!?」

果南「なっ!?」

千歌「もごもご!」

梨子「千歌ちゃんの口にみかんが!」

ダイヤ「そんな、みかんで発射を封じたというのですか!?」

曜「ごめんね千歌ちゃん。今は静かにしてて」

千歌「もご!もごもごもご!」

果南(かつて私たちの乱闘に割って入り、その威力は校舎を揺らす程の、千歌の『いい加減にしろ砲』が...こんな方法で防がれるなんて!)


曜「この際だから言わせてもらうけどね!」

鞠莉「言わなくて結構デース!承認しませーん!」

梨子「あわわ...」