同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

エレファント速報

1 : 以下、名... - 2018/02/02 17:43:11.85 MZYrKcMt0 1/25

突拍子もなく投げ掛けてくるこの女――加賀見まさら、と言うらしい――に不意を突かれた。
何を言うかと思えば――当然。

ほむら「えぇ。全て諦めてるもの」

――まどか以外の総てを、ね。

こうして無間迷宮に身を投げたのも、その為。
私に残された、立った一つの道標。

私はまどかを救う。
まどかを救うは私。

私の体――最早亡骸の様な物だけれど――は、その為のみにあるのだから。

元スレ
まさら「死への躊躇いが無いのね」ほむら「――は」

27 : 以下、名... - 2018/02/02 22:34:04.62 MZYrKcMto 2/25

まさら「いいえ」

ほむら「......」

珍しく眉が動いた。
それも、苛立ちにも似た感情。
この手の感情をインキュベーター以外に覚えたのは、美樹さやかに対して以来か――

まさら「総てを諦めてるのなら、今すぐに死ねば良い」

ほむら「......何が言いたいの」

拳銃握る拳が力む。
この女、私をここで亡き者にでもするつもりだろうか。
だとしても、然程の問題はない。
いつも魔女やインキュベーターを気付かぬ内に葬るが如く、この女も葬り去って仕舞えばいい。
幸い、未だコイツには固有魔法を見せていない。

3 : 以下、名... - 2018/02/02 17:57:27.80 MZYrKcMto 3/25

まさら「――貴女には動かすモノがある」

ほむら「――」

こいつ。
見透かしたような事を。

ほむら「そうだとして、あなたには関係無いでしょう」

まさら「えぇ、そうね」

なら今すぐ口を閉じて欲しい。
あまり踏み込まれては、奴に私の目的を知られる事となる。
そして此度の旅路もまた無駄へと散る。
それ以外にも、美樹さやか程ではないが土足で踏み込まれては若干の苛立ちを禁じ得ない。