1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/06(火) 02:32:38.041 ID:cgX9AWGn0

姉「まったく、駄目じゃないか。また勝手に私たちから逃げるような真似をして。」

妹「そうですよぉ。わたしと姉さんであっちこっちずーっと探して回ってたんですからぁ。」

姉「キミのお友達にも聞いて回ってね。キミの行きそうなところとか、教えてもらってたんだ。」

妹「ダメですよねぇ。わたしたちはこぉんなに○○さんのことが好きなのに、○○さんの行くあてのひとつも分からないなんて。」

姉「反省しているよ。でも、これでもう大丈夫。キミがどこへ行ったとしても、私たちはすぐにキミのもとへ飛んでいくよ。」

妹「うふふ~、それはもう、ぴゅーん!って駆けつけちゃいますよぉ~。姉さんと二人で......ねっ♪」

姉「そういうわけだ。もう逃げても無駄だということは分かっただろう。さあ、一緒に帰ろう。また私たちと3人で、仲良く暮らすんだ。」

妹「また○○さんに美味しいご飯を作ってあげますねぇ~。○○さんの望むことは、わたしと姉さんがなーんでも叶えちゃいますっ♪」

姉「それに......」

妹「うふふっ...♪」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/06(火) 02:33:47.533 ID:+o4AXIcl0

こんなのむしろ何が不満で逃げ出したんだよ...



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/06(火) 02:41:55.773 ID:cgX9AWGn0

姉「......私たちも、そこまで気が長いほうじゃないってことは......分かっているよね...?」

妹「ダメでグズな○○さんのために、こんなところまで来たんです。そろそろ......怒っちゃいますよ...?」

姉「そうなったらどうなるか......結局誰がどうなるのか......一番よく分かっているのはキミのはずだよ...。」

妹「大人しくわたしたちに従っておけば、だーれも傷つかずに済むんです...。○○さんさえ我慢すれば、みんな幸せに暮らせるんですよぉ...?」

姉「......あんまり、こういう言い方はしたくなかったんだが......私たちだって、キミのことが好きなんだ。愛しているんだ。」

妹「大好きな○○さんと一緒にいたいんですもの......ちょっとくらいワガママしちゃっても、いいですよねぇ?うふふふっ♪」

姉「......これだけは覚えておいてくれ。キミがどう足掻いたところで、キミが彼女を救える可能性は絶無。期待するだけ無駄だよ。」

妹「そぉんな人の幸せなんかよりもぉ......わたしと姉さんと3人でずーっと暮らした方が、○○さんにとってもずっと幸せじゃありませんかぁ?」

姉「私たちはキミを想っている。どうしようもなく。私たちだって、キミのために危険な橋を渡っているんだ。それなりの覚悟を持ってキミと接している。」

妹「つまり......みすみす○○さんを逃がすような真似はしないってこと♪○○さんを愛し通す覚悟を、わたしと姉さんはとっくに持っているということ...♪」

姉「だから......申し訳ない、とも今さら思えないが、キミには私たちと過ごしてもらう。これは絶対に、覆らない。」

妹「でも......安心してくださいねぇ♪そのぶんわたしたちが、責任を持って、○○さんのことを幸せにしてあげますからねぇ♪」