同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

アイマスSSまとめサイト 456P

2: ◆W56PhqhW.M 2018/02/26(月) 14:17:27.70 ID:l4IqRebF0

「話にならないわ!」

志保さんがそう叫ぶとレッスン室は静寂に包まれました。今日はクレシェンドブルーの全体練習日、でもレッスン開始からギクシャクとした空気は拭えず、動きはバラバラ、まるでそれぞれが別の曲を踊っているかのようでした。

「あなたたち、ちゃんとやる気はあるの!? レッスンの時間は少ない、その少ない時間すらお喋りや団らんにばかり。私たちはプロなのよ!? 学校の部活動気分でいられると困るの!!」

志保さんの言っていることは何も間違っていません。私の門限のせいでみんなの練習時間は六時まで。どんなに区切りが悪くても、その時間が来たらパタリと練習を打ち上げます。練習終了と同時に、志保さんが私の方を鋭く見つめているのも知っています。気づいていないふりをしていますが。

スポンサーリンク



3: ◆W56PhqhW.M 2018/02/26(月) 14:18:35.35 ID:l4IqRebF0

「いつまで経っても完成度は上がらない、なのに遊ぶ時間は減らないばかりか増える一方! ......もうあなたたちとはやっていけないわ。私、ユニットを抜けるから」

「ちょっと、志保! 何もそこまでしなくてもいいじゃない! 星梨花もみんなも手を抜いているわけじゃない、みんな一生懸命やってるよ! だから、ちゃんとできるようになるって!」

すかさず静香さんがフォローに回ります。私は志保さんのことがちょっと怖くて、何も言えなくなります。だからいつもこんな時はいつも静香さんに助けてもらってます。