1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 17:53:10.69 ID:eQWKpt1u0

※パラレルワールドの設定です

セレナ「えっ...今度の日曜日...?」

サトシ「空いてないか?」

セレナ「う、うん...その日は何にも予定ないけど...どうかしたの?」

サトシ「ならさ!映画に行かないか!」

セレナ「え、映画!?」

サトシ「あぁ!で?行けるのか?」

セレナ「う、うん!行けるよ!」

サトシ「なら今度の日曜日楽しみにしておくからな!」

セレナ「(さ、サトシとデート...///)」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 17:53:44.23 ID:eQWKpt1u0

サトシの部屋

サトシ「くっ...そ...!」

ベッドに仰向けになりサトシはセレナを映画に誘った事を後悔した。

サトシ「俺は...俺は...なんでいつも本心が言えないんだ...!」

サトシ「いや...今度の日曜日...伝えるんだ...!セレナに...!」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 17:54:21.28 ID:eQWKpt1u0

セレナの部屋

セレナ「うーん...どれを着ようかしら」

サキ「セレナ?クローゼットから洋服を取り出してどうしたの?」

セレナ「つ、次の日曜日にサトシと映画に行く約束したから...」

サキ「なるほど。頑張ってね!」

セレナ「う、うん!!(絶対にサトシのハートをゲットしてやるんだから!がんばれ私!)」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 17:55:00.14 ID:eQWKpt1u0

日曜日

サトシ「...まだ来ないのかよ...!」

約束の時刻をとうに過ぎても現れないセレナに対してサトシは怒りを感じていた。このまま帰ってやろうかと考えてると全身ピンク色の洋服に身を包んだセレナがあらわれた。

セレナ「おまたせ///サトシ!」

サトシ「...ふざけるな!」

声を荒げるとサトシはセレナの首元を思い切り掴むとそのまま締め上げる。

セレナ「な、なにを...!」