同じSSをまとめているブログ

SSなび

あやめ速報-SSまとめ-

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 22:55:21.89 ID:Ee/4SOb5O

ガルパンドリームタンクマッチ特典の戦車道裁判、面白かったです。
特に妹えこひいき裁判が面白かったです。

少しネタバレありますけど、知らなくても大丈夫なはずです。

あと少しキャラの崩壊は注意です。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 22:56:27.61 ID:Ee/4SOb5O

役人「本法廷では、『西住まほ、妹好き過ぎ裁判』を行います」

みほ(弁護人)「はあ......」

アンチョビ(陪審員)「またあの続きか」

ケイ(裁判長)「前の『西住まほ、妹えこひいきしすぎ裁判』では無罪だったわよね」

アッサム(証人)「あの後の調査で、被告人である西住まほにはさらなる余罪があるのではないか、ということが判明いたしました」

まほ「......」

みほ「お姉ちゃん......」

エリカ(弁護人)「隊長に余罪なんてあるわけないじゃない!」

小梅(弁護人)「そうです!第一、みほさんは大切な妹なんですよ!好きで当たり前です!」

みほ「二人とも......ていうかエリカさん、少し声高くなった?」

エリカ「うるさいわよ!」

杏(検察官)「まあまあ、とりあえず証拠があるんなら観てみようよ」

オレンジペコ(陪審員)「そうですね、角谷さんの言うとおりです」

ケイ「オッケー、それじゃあ証人、証拠の方お願い」

アッサム「この映像を見て下さい」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 22:57:28.98 ID:Ee/4SOb5O

~西住邸 みほ部屋~

みほ「あれ、この部屋わたしの」

ダージリン(証人)「この映像は我々聖グロリアーナが独自に入手したものですわ」

エリカ「相変わらずボコだらけの部屋ねえ」

ガチャ

アンチョビ「あ、部屋に誰か入ってきたぞ」


まほ『......』


小梅「隊長が入ってきましたね」

オレンジペコ「部屋の掃除にでもしにきたんでしょうか」


まほ『......』ストン


ケイ「ミホのベッドに腰掛けたわね」


まほ『みほ!みほ!みほ!みほぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ...ああ...あっあっー!あぁああああああ!!!みほみほみほぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ...くんくん
んはぁっ!みほ・西住たんの栗色ブラウンの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ...きゅんきゅんきゅい!!
劇場版のみほたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ...あああ...あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
最終章も放送されて良かったねみほたん!あぁあああああ!かわいい!みほたん!かわいい!あっああぁああ!
ドリームタンクマッチも発売されて嬉し...いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!ゲームなんて現実じゃない!!!!あ...アニメも映画もよく考えたら...
みほ ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!大洗女子学園ぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ...て...え!?見...てる?パッケージ絵のみほちゃんが僕を見てる?
パッケージ絵のみほちゃんが僕を見てるぞ!みほちゃんが私を見てるぞ!挿絵のみほちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメのみほちゃんが私に話しかけてるぞ!!!よかった...世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!私にはみほちゃんがいる!!やったよ犬!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックのみほちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあアンチョビぁあ!!シ、島田愛里寿ー!!安斎千代美ぁああああああ!!!アンチョビァぁあああ!!
ううっうぅうう!!私の想いよみほへ届け!!大洗のみほへ届け! 』


役人「これは色々とスレスレですねえ......」

エリカ「」

オレンジペコ「確かに、久々に見たコピペ、じゃなくて少し過度な愛情表現ですね」

まほ「......」

みほ「」

アンチョビ「そんなことよりなんか私の名前出てなかったか?三回くらい」