同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

1: ◆uYNNmHkuwIgM 2018/02/25(日) 00:00:16.35 ID:6Xf+W2fS0


ずっと私は過去に縛られてきた。幼い過去に背負ってしまった罪、その罪を償うために歌を歌うことだけに生きてきた。

歌っても歌っても、私を縛る鎖はきつく私の肉体を締め上げていった。やがて、その締め上げられた部分から血が流れ始めた。

それでも私は歌い続けた。それしか罪を償う方法が思いつかなかったから。そのまま朽ちても構わないと、ただ愚直に歌を歌い続けた。

しかし、大切な仲間と出会って、共に歩いて、私はその過去から解放された。仲間が私に、自分を縛り続けた鎖を断ち切るだけの勇気をくれた。

そこから私の歌は劇的に変わった。縛り上げられた喉から祈りを絞り出すような歌が、柔らかい朗らかな歌へと変わっていった。





2: ◆uYNNmHkuwIgM 2018/02/25(日) 00:03:21.55 ID:6Xf+W2fS0


###############
レコーディングスタジオ
###############

私は新曲のレコーディングを行なっている。765プロがさらに高みを目指すための大事な曲。私たちを導く輝く夢の美しさをまっすぐ伝える歌。

その歌詞とメロディーに呼応して、私の歌も大きく高く弾むように響く。

千早「We can do it now♩」

ディレクター「オッケー!お疲れ様。良い音撮れたよ」

千早「はい!お疲れ様でした!」

新曲のレコーディングが終わりブースを出ると、スタッフさんの拍手が私を迎えてくれた。

私はその拍手にお辞儀をする。良い歌が歌えたと自分でも確信できて、とても満足な心地だ。

ディレクター「千早ちゃんの歌、すごく柔らかくなったね。聞いててすごく良い気持ちになったよ」

その言葉に安堵する。このディレクターさんは、ずっと前からお世話になってる方だ。私の歌をずっと聴き続けて、導いてくれた方。

初めは少しの不安があった。私の変化した歌は、この方にどのように聞こえるのだろうと。

だけど、笑顔で私の歌を褒めてくださるこの方をみると、自信を持って良いのだと思う。私の歌は良い方向に変化したのだと。

だから私はその気持ちを真っ直ぐに伝える。

千早「はい!私も歌っていて凄く楽しかったです。次の機会もよろしくお願いします」