善子「聖バレンタインに憂鬱と祝福を」


1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/02/14(水) 21:25:03.58 ID:q0VBvNut.net

―放課後

花丸「はぁ~、練習が終わったずら~。」グデェ

ルビィ「今日も練習ハードだったね♪」

善子「くくくっ、これくらいの練習このヨハネにかかればなんてことも無いわ!」ギランッ

花丸「その割には足元フラついてるずら?」ツンツン

善子「ちょっやめなさい!」

善子「今のヨハネに触れると大いなる災いが降りかかるわよ!」

花丸「災いが降りかかるのは善子ちゃんのほうじゃ・・・。」

ルビィ「今の善子ちゃん触れただけで倒れそうだもんねぇ!」



2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/02/14(水) 21:25:58.99 ID:q0VBvNut.net

善子「二人ともひどいわよ!!」

花丸「さて、そろそろ帰る準備でもするずら。」ヨイショット

ルビィ「そぉだねぇ♪」

善子「あぁ~、そうだ。」

善子「二人ともちょっといい?」

ルビィ「善子ちゃんなぁに?」

花丸「改まるなんて珍しいね。」

善子「この後時間あるかしら?」

善子「少し寄りたいところがあって付いてきてほいの・・・///」モジモジ


3: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/02/14(水) 21:26:37.35 ID:q0VBvNut.net

花丸「マルは別に大丈夫だけど・・・、ルビィちゃんはどうずら?」

ルビィ「ルビィもあまり遅くならなければ大丈夫だよぉ♪」

善子「良かった・・・。」ボソボソ

善子「それじゃあこのヨハネに付き添わせてあげる!」ギランッ

花丸「・・・ルビィちゃんやっぱり2人で帰ろっか!」

ルビィ「そうだねぇ!!」

善子「嘘嘘!」

善子「お願いだから付いてきてよ~。」ウルウル

花丸「始めから素直にそういっていればいいずら。」


続きを読む