勇者「得意な事はなんですか?」魔法使い「>>2」


1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:21:36.701 ID:Oj23sz7Q0St.V

勇者「では面接を始めます」

魔法使い「よろしくお願いします」

勇者「では、得意な事はなんですか?」

魔法使い「>>2」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:22:00.067 ID:ZiUEZu9VpSt.V

オナ○ー



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:22:45.198 ID:ylAD57ig0St.V

魔法使いってそっちかよ



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:23:38.184 ID:DTRE8Cs0HSt.V

魔法使い(30)



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:26:59.157 ID:Oj23sz7Q0St.V

魔法使い「オナ○ーです」

勇者「...は?」

勇者「あの、すいません...」

勇者「オナ○ーといいました?」

魔法使い「はい、そうです」

勇者「ま、魔法かなにかですか?」

魔法使い「いえ!自慰です自慰!!マスターベーション!!」

勇者「わわわわわかりましたわかりました!」

魔法使い「オナ○ーが得意で毎日毎日やってます!」

勇者「...」

魔法使い「好きこそ物の上手なれって言いますよね!」

勇者「そ、そのぉ...それはパーティーにどのような利点がありますか?」

魔法使い「>>9」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:27:11.439 ID:K9N5WahapSt.V

ksk



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:27:47.297 ID:Xxm19L+8dSt.V

うるせぇ...



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/14(水) 11:36:23.901 ID:Oj23sz7Q0St.V

魔法使い「うるせぇ...」

勇者「え...?」

魔法使い「どうせ俺は社会の弾きものだって言いたいんだろ?」

勇者「い、いえ...」

魔法使い「いいや、わかってますわかってますよ...」

魔法使い「生まれてこのかた恋人なんて出来たことないですし、それどころか友達もろくに居ませんからね」

勇者「は、はぁ...」

魔法使い「これでもね、子供の頃は結構頭良かったし、みんなの中心的な存在だったんですよ?」

勇者「そうですか...」

魔法使い「でも見てください、今やただのノージョブ...」

魔法使い「いや、今日の深夜0時に魔法使いになったんです!!」

勇者「よかった...?ですね...」

魔法使い「でも思ったんです!いつまでも世界のせいにしてたってなにも変わらないって」

勇者「そうですね...」

魔法使い「だから一か八か勇者様のパーティーになりたいと思って!!」

勇者「あは...は...」

魔法使い「ちなみに片道切符で王都まで来たんで、ダメだったら死にます」

勇者「えぇ......」



続きを読む