3: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/12(月) 22:20:39.59 ID:Jv/bGB1P.net

...ポワン

希「...ふぅ、薬の調合はこんなものかな」

希「さて、出かけよか」

ガチャ

希「...あれ?」

「......」

希「....お嬢ちゃん、どうしたんや?」



4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/12(月) 22:24:27.39 ID:Jv/bGB1P.net

「えっと....道に迷って」

希「そう...手伝う?」

「っ.....な、何を」

希「ロープを服のなかに入れてるのバレバレやで?」

「っ!?....っ」

希「こんな森までロープもって来たってことは首吊りに来たんやろ?でも、いざ怖くなって帰ろうとしたら道がわからなくなった、違うん?」
「っ....あ、そ、それ....は」

希「図星みたいで結構、それで死にたいんならウチが簡単に死ねる毒でも作るけどどうする?」

「どっ、毒!?」


5: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/12(月) 22:26:15.59 ID:Jv/bGB1P.net

希「そっ、ウチが何者かわかる?」

「......あっ、もしかして...森の、魔女....」

希「そう、占いから魔術、はたまた毒の研究まで全てをこなすプロフェッショナルな『森の魔女』こと希ちゃんや!」

「....『森の魔女』に会うから森には入っちゃいけないってお父さんが言ってた...」

希「そう、それが街でのルールやん、首吊り言うてもなんでこんな森なんか入ってきたんや、ウチに魂取られても知らんで?」

「.......」

希「?」

「お父さんとお母さんは....もういないの」


6: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/12(月) 22:30:46.14 ID:Jv/bGB1P.net

希「......」

「私の...私のせいでお父さんもお母さんも死んだ、私は不幸の子なの...だから生きてちゃいけないの」

希「だからここへ首を吊りに?」

「......」コクン

「ごめんなさい、森の魔女さん、私に毒をください」

「やっぱり、私は死ななきゃいけないから....」

希「.....うん、決めた!」

「?」

希「お嬢ちゃん、ウチで働かない?」

「えっ!?」