幸子「ラーメン大好き?」幸子P「輿水さん?」


1: ◆MARxuRxDxo 2018/02/12(月) 15:05:23.84 ID:TeEy90Go0

モバマスSSです
輿水幸子がラーメンを食べるだけです。
某今期アニメ要素は殆どありません。




2: ◆MARxuRxDxo 2018/02/12(月) 15:06:34.65 ID:TeEy90Go0

「幸子ォ! 北海道行くぞォ!」

「は?」


3: ◆MARxuRxDxo 2018/02/12(月) 15:08:29.80 ID:TeEy90Go0

「──で、流されるままここまで来たわけですけども」

「流石北海道、超寒いわ」

東京からおよそ3時間。北海道は旭川へと降り立った幸子とプロデューサーの二人は、摂氏2度の冬空から逃げるように駅前のホテルに引きこもっていた。

「全く、情けないですね。これくらいの寒さ、あの時のノルウェーに比べたらあったかいくらいです」

「じゃあやっちゃう? 『コロリもあるよ! アイドル寒中水泳大会』。実はスキーだけじゃなくてこっちもオファー来てたんだけど」

「絶対に嫌ですよ!」

そんなこんなで暖をとりながらうだうだと話していると、突然グゥ~という音が部屋の中から聞こえた。慌ててプロデューサーから目を逸らした幸子が時計を見ると夜の8時。

「飯食うか......」

「そうですね......」

スポンサーリンク



4: ◆MARxuRxDxo 2018/02/12(月) 15:09:29.20 ID:TeEy90Go0

「っし、行くか」

「ちょ、ちょっと待ってください! さっきまで寒い寒い言っておきながらなんで外に出ようとしてるんですか!」

「だって、わざわざ旭川まで来たんだから食わなきゃ損でしょ。旭川ラーメン」

旭川ラーメン。それは旭川の中で進化した拉麺。加水率低めの中細縮れ麺が特徴の醤油ラーメンが主流とされている。

「なんですか今の......」

「どうした突然。ともかく、すぐ側だからさっさと行くぞ」

「ああもう! 待ってくださいプロデューサーさん!」


続きを読む