果南「幼馴染からの重い誕生日プレゼント」


1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/02/10(土) 10:29:37.07 ID:tnaG+/07.net


鞠莉の家でみんなから盛大に誕生日を祝ってもらった後、私は高海家の炬燵で蜜柑を貪っていた。


「そっかぁ。果南ちゃんが海外にねぇ」


洗い物を終えた志満ねぇが右側に腰を下ろす。


「立派よねぇ。それに比べてうちの子ときたら......」


対面にいらっしゃるのが高海家のボスこと千歌のお母さん。

私が今こうしているのはお世話になった高海家へのご挨拶......ではなく、

千歌が「今日はうちに泊まっていって!」と、しつこく迫るもんだから根負けしたというわけ。

本当はまだ打ち明けるつもりはなかったんだけど、普段は内浦にいないお母さんもいたから丁度いい機会だと思い海外に行くことを伝えた。



2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/02/10(土) 10:34:43.94 ID:tnaG+/07.net

「あいつ、どうすんだろうね。母さん何か聞いてないの?」


左側で雑誌を読みながら話すのは美渡ねぇ。


「今はラブライブに集中するんだって~」

「ラブライブねぇ......。ラブライブで優勝したら進学有利になるかな?」

「さぁ?」


さすが美渡ねぇ。考えたこともなかった。

千歌はどうするんだろうか。進学するのか、志満ねぇみたいにここで働くのか、美渡ねぇの様に沼津で働くのか。


3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/02/10(土) 10:37:37.56 ID:tnaG+/07.net

ふと思い返すと、千歌とそういった類の話をまったくしてなかったことに気付く。

まぁ私が意図して避けてた面もあるんだけどね。

渦中の人物は私が海外に行くことを打ち明けると

『なにそれ、私聞いてないんだけど! 果南ちゃんの馬鹿! もう知らない!』

と、怒ってどこかへ行ってしまったのだ。自分の部屋だとは思うけど。

黙っていた私が悪い自覚はある。本当は誰よりも早く千歌に伝えるつもりだった。

けど、言えなかった。勇気がなかった。怖かった。それは私が千歌に対して、幼馴染以上の感情を抱いているから。


続きを読む