【艦これ】加賀「幸福と空腹は似ている」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:58:06.51 ID:gnAxgCMv0

前作
と関連があるような、ないような。

また、研そうげん 先生の艦娘漫画に触発されたことをここに記し、感謝の意を示したいと思います。
漣可愛いです。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:58:33.44 ID:gnAxgCMv0


空腹は最高のスパイス、とはよく言ったものです。

勤務はおおよそ三交代制となっていますが、遠征や演習、あるいは深海棲艦邀撃の兼ね合いで、ずれることは珍しくありません。
その日、わたしが泊地へ帰投したのは二十三時をさらに半分回ったころでした。第五海域の哨戒及び邀撃が任務として言い渡されていましたが、小隊を組むはずの球磨さんが遠征から戻るのが遅れ、さらにいつもより戦闘も長引いて、そんな時間になったのです。
ずれることは珍しくないと言いましたが、ここまでずれこむことには不慣れでした。

探照灯を装備している川内さんがいたのは不幸中の幸いでした。そして幸い中の不幸は、探照灯を装備していたのが川内さんだったということです。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:59:07.70 ID:gnAxgCMv0


暗闇、潮風、火薬、砲弾、戦闘機。螺旋状にそれらが絡み合った死地から無事に生き返ったわたしたちではありましたが、当然のように疲労困憊でした。生の実感に震える暇すらなく、ぼやけた視界をこすりながら、寒さを堪えて口は真一文字。
その中にあって、川内さん、彼女は一体どこからエネルギーを捻り出しているのでしょうか。出航時よりも帰投時のほうが元気にすら見えました。

彼女は港に着くや否や、水面を一蹴りして陸へと降り立ち、どこかへ走り去ってしまいました。

「よっこらせ、っと」

桟橋から、その小柄な体すら鈍重に感じるとでも言いたげに、至極ゆるりとした動きで龍驤さんが陸へと上がっていきます。ぽっくりに似た艤装にも関わらず、とてもきれいな立ち姿でした。
金剛さん、霧島さん、青葉さん。残る三人も続いていきます。


続きを読む