穂乃果「ついに春高バレー決勝戦…」千歌「やっとここまで来たんだ…!」


4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 02:02:37.14 ID:DW5FPWJj.net

キャプテンの高坂穂乃果は円陣を組む中、体育館に溢れる歓声と熱気の混じった空気を目一杯に吸い込む。

穂乃果「みんな...ついに決勝戦だね...」

そう言うと、穂乃果の両隣で肩を組んでいる彼女の幼馴染たち――南ことりと園田海未が穂乃果に目をやる。

ことり「穂乃果ちゃん、緊張してるの?」

穂乃果「うん、ちょっとね...」

海未「大丈夫ですよ、穂乃果。私たちが一緒ですから」

穂乃果「海未ちゃん...」

凛「そうにゃそうにゃ! それに今さら緊張したって仕方ないにゃ」

花陽「そ、そうだよね...よし! 頑張るぞ!」

真姫「あら、花陽にしてはなかなかいい感じじゃない。期待してるわよ」

そう言って一年生の星空凛、小泉花陽、西木野真姫はお互いに見つめ合い、そして笑い合う。

にこ「あんたたち、少しでも手を抜いたりしたらただじゃおかないからね?」

希「誰も手を抜いたりなんかせえへんよ、にこっち。それよりみんな...今日は楽しもうな?」

絵里「希の言う通りよ。今日は精一杯...楽しんで戦いましょう!」

三年生の矢澤にこ、東條希、絢瀬絵里は、三年生らしく、メンバーを鼓舞し、励ます。
そして...

穂乃果「よーし、それじゃあみんな、いくよー! いち!」

ことり「に!」

海未「さん!」

真姫「よん!」

凛「ご!」

花陽「ろく!」

にこ「なな!」

希「はち!」

絵里「きゅう!」

「「「「「「「「「μ’s! ミュージック、スタート!」」」」」」」」」

続きを読む