絵里「嘘を貫き通す為に私は又嘘を重ねる」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/02/04(日) 06:58:59.79 :2yjmQI5jO

それはほんのちょっと見栄から始まった。

絵里「ふふ~~ん。美味しそうなチョコレートがいっぱいだわ。買って帰って亜里沙と食べようかな~」

穂乃果「あっ!絵里ちゃん」

絵里「あら?穂乃果にことり。何してるの?」

穂乃果「チョコレート買いに来たんだよぉ」

ことり「もうすぐバレンタインだもんね」

絵里「あ~、そっか。なるほど」

穂乃果「絵里ちゃんもそうでしょ?」

絵里「え?」

穂乃果「うわ~絵里ちゃんの持ってるチョコレート高級そうだねぇ」

絵里「そ、そう?」

ことり「あっ!もしかして、素敵な人にあげるのかな~」

穂乃果「え?そうなの?絵里ちゃん恋人いるの?」

絵里「え?いや...」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/02/04(日) 07:03:44.61 :2yjmQI5jO

穂乃果「そっか、そっか。流石絵里ちゃん。隅に置けないな~コノコノ~」

絵里「いや、あの...穂乃果?」

穂乃果「絵里ちゃんどんな人と付き合ってるの?カッコいい?優しい人?」

絵里「えっ...と...まあ...そんな所...」

穂乃果「そうなんだ~」

ことり「凄いな~絵里ちゃん」

絵里「い、いや...」

穂乃果「私達なんてチョコレートあげる相手海未ちゃんだもんね」

絵里「そうなんだ...」

穂乃果「うん。そうなの」

ことり「絵里ちゃんの恋人か~今度会わせてね」

絵里「そ、そうね。機会があれば...」


続きを読む