魔王「勇者が来たから、第二形態どうするか考えなきゃ!」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/02/05(月) 22:09:34.13 :A3dt2/9No

側近「魔王様、大変でございます!」

魔王「なんだ?」

側近「勇者がこの城に侵入したという報告が入りました!」

魔王「な、なんだと!? 予想よりずいぶん早いな!」

側近「幹部たちが応戦していますが、ここまでたどり着くのも時間の問題かと......」

魔王「ならば、急いで考えなければなるまいな」

側近「勇者との戦い方をですか? あるいはまさか......撤退を?」

魔王「いや......第二形態をどうするかをだ!」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/02/05(月) 22:11:17.83 :A3dt2/9No

側近「第二形態? 今の状態が最終形態ではないのですか?」

魔王「バカモノ! ワシは魔王だぞ? 第二形態ぐらいなくてどうするのだ!」

側近「ははっ、申し訳ございません!」

魔王「ただし、まだその内容を考えてなかったのでな......今から考えねばならん」

魔王「というわけで、側近よ! 案を出せ!」

側近「ははーっ!」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/02/05(月) 22:13:23.49 :A3dt2/9No

側近「まず、第二形態としてオーソドックスなのが“巨大化”でございます」

魔王「ほう、大きくなるわけか」

側近「はっ、今の魔王様は勇者より一回り大きいぐらいですが」

側近「これが勇者より何十倍も大きくなれば、インパクトは絶大でございます」

魔王「なるほどなるほど......巨大化して勇者を見下ろすのも悪くはない」

側近「とはいえ、オーソドックスすぎてありきたりともいえますが」

魔王「候補にはしておこう......他には何かないか?」

側近「そうですねえ......」


続きを読む