元スレ
麦野「自由帳?」 フレンダ「なにそれ」 絹旗「超自由帳です」

5 : VIPに... - 2011/09/02 23:15:07.85 csgRa3Ego 801/901

前回までのあらすじ

むかしむかしある所に
ぎん色の髪をした少女がいました。
のどかな町にある小さな家に少女は住
んでいました。ある日、隣の家の木に実る
かきの実が少女は欲しくなり、隣の家のお婆さんに会いに行きました
わけを話すとお婆さんは、長いハサミでかきの実を
いっぱい取ってくれました
いぬ

きれいなかきの実を少女は一つ手に取ると、持っていた
ぬので、丁寧に包みます。「何をしているんだい」とお婆さん
は少女に尋ねました。少女はニッコリと微笑み「お母さんにも
たべさせてあげるの」と答えました。お婆さんは、少女から
かきの実を奪い取りました。少女は何がどうしたのか
わからずに、目を白黒させました。お婆さんは怖い顔をしながら
いいました。「お前の母さんに食べさせるかきの実なんて無いんだよ」
いいちこ

15 : VIPに... - 2011/09/03 00:15:54.07 9RC9jQIKo 806/901

フレンダ「麦野・・・あなたは学園都市の想像を超え、強くなりすぎた。そして、その野望も」フオオ・・・

麦野「後悔はしないの?」ズウウウ・・・

フレンダ「結局、自分で選らんだ道。ためらいも無い訳よ」

麦野「それでこそ私の親友、フレンダ!! なら、互角の戦いができるわね」

麦野「どう!!」ドコオッ

フレンダ「はっ」ズバババ

麦野「死期があなたの拳を高めたのね!!」ゴッ

フレンダ「結局、私の拳を高めたのは死期じゃない」ガシッ

フレンダ「麦野・・・あなたの存在って訳よ」スタ・・

麦野「ぬっ」ブシュウ

フレンダ「誓いの時は来た訳よ・・・今、私は麦野を超える!!!」グオオ

麦野「おりゃぁぁぁぁああ」ブオッ

フレンダ「くっ・・・ふおーーーー!!!」ブチブチ

麦野「私の剛の拳を・・・!!」

フレンダ「言ったはずよ、私は麦野の全てをめざしたの!!」グオッ

麦野「ぐおっ」ズシャ

フレンダ「麦野にも見えるはず・・・あの死兆星がッ!!!」ピキーン

麦野「なっ・・・私の頭上に死兆星が!!」

フレンダ「さあ、宿命の幕を閉じる訳よ。麦野」

フレンダ「はっ」ゴハッ

麦野「ぐあっ!!」ブホッ

フレンダ「勝機!!!」キュアアアン

麦野「ま・・・間合いに」

フレンダ「 天 翔 百 裂 拳 」

┣ ̈┣ ̈┣ ̈┣ ̈┣ ̈┣ ̈┣ ̈┣ ̈ド

麦野「ぐはぁっーーー」バタン

フレンダ「さようなら麦野・・・今、約束を果たすから」ドカッ

ブシャーーーー

フレンダ「はっ!?」グッ

麦野「・・・」

麦野「・・・・・・」

麦野「きかないのよ・・・きかないのっ!!!」ポロポロ

フレンダ「ぬわーーー」グワッ

麦野「さようなら・・・フレンダ!」ドドドドオ

麦野「フレンダ、これが私が生涯で流す最後の涙よ」ポロポロ

麦野「さようなら、私の生涯最強の敵!!」ググッ

麦野「さようなら、私の最愛の親友!!」ゴアッ

麦野「これがあんたの目指した、私の拳よーーーーっ」ドグシャ


麦野「麦野恐怖の伝説は今より始まるわ。この命、奪いたければいつでも来なさいっ!!!」

END