1: ◆TZolALn9r2:2018/01/08(月) 09:30:44.56 :ri9NxStsO

咲「ここは......」ウーン

頭がズキズキする。

「到着したのよー!起きるのよー!」ジャンジャン

銅鑼の音が寝起きの頭に鳴り響く。

咲「ううっ......」ムニャムニャ

「いい加減起きるのー!」

目をうっすら開けると、目の前に女の人が立っていた。

由子「そんなんじゃ今日からの学園生活が思いやられるのよー......15分後に所長からの訓示があるから身だしなみを整えておくのー」

そう言い残して、女が部屋から出た。

改めて部屋を見渡すと、高校の教室ほどの広さの窓のない部屋。扉は女が出ていった1つだけだった。

泉「のんきなやっちゃな~」

そして1人だけ、私と同い年くらいの、見知らぬ高校の制服を着た女の子が部屋にいた。

泉「ウチ、二条。二条泉や。あんたと同じ新入園者やな。よろしゅう頼むで。あんたは?」

咲「私、咲......ええっと......宮永、咲です」

泉「国はどこや?見たところ、東京言葉話しとるみたいやけど」

咲「ええっと......」

頭がぼんやりする。記憶が曖昧だ。


2: ◆TZolALn9r2:2018/01/08(月) 09:32:26.80 :ri9NxStsO

泉「ウチは大阪やねん。地元で二条泉言うたらそこそこ名、通ってるで。ウチ、全国の猛者と勝負したくてこの学園来たんや。アンタもここに入園するって事はそこそこ打てるんやろ?」

咲「打つ?」

由子「準備ができたのよー、早く部屋出るのー」

慌ただしく、私達2人は部屋から出され、『所長室』と書かれた部屋に通された。

由子「今月の入園希望者2名、連れてきました!」

「どうぞ」

由子「粗相のないようにするのー所長は怖いのよー」ボソッ

咲「はぁ」